外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

集合住宅の外壁塗装の費用相場と注意しておくべきポイント

 
集合住宅の外壁塗装の費用相場
この記事を書いている人 - WRITER -

 

マンションやアパートなどの集合住宅の外壁塗装・外壁リフォームは一般の戸建て住宅以上にその価値を左右することになるでしょう。集合住宅だからこそ気をつけたいポイントや費用・料金の相場についてまとめていますので、マンション・アパートオーナーさんはぜひ参考にしてください。

集合住宅の外壁塗装費用相場や注意点について

集合住宅の外壁塗装が必要な時期・目安

一般の戸建て住宅では10年前後を目安にして外壁塗装などのメンテナンスが必要となりますが、それはマンションやアパートなどの集合住宅も同様です。特に集合住宅の場では外観の劣化が入居者数などに影響を及ぼすので外壁塗装は非常に大きな役割を果たす工事となります。

もちろん一般の戸建て住宅と同様に外壁の劣化によって防水性が衰えるなど機能面でも影響が出ることがあり、雨漏りをするなどして入居者に迷惑をかけてしまうこともあります。さらに防水性のなくなった外壁は建物内部に雨などが浸透して腐食の原因になることもあり、建物自体の劣化を早めることにもなってしまいます。

外壁塗装工事が必要になる時期は基本的に10~15年。国土交通省の「改修によるマンションの再生手法に関するマニュアル」によってメンテナンス周期の目安として定められています。

ただしこれは絶対的な決まりではなくあくまでも目安であり、外壁の状態や使用している塗料の種類によってそれぞれ判断する必要があります。

集合住宅の外壁塗装工事が必要となる時期の目安としては、外壁を手で触ったときに白い粉がつく「チョーキング現象」やひび割れ、塗装の剥がれ、シーリングの割れ、カビやコケがついているなどの症状が見られたらメンテナンスを考える時期です。

これは戸建て住宅でもマンションやアパートなどの集合住宅でも同様ですので、使用している塗料の耐用年数にあわせてこまめに状態を確認するようにしましょう。

集合住宅の外壁塗装工事にかかる期間

集合住宅の外壁塗装の費用相場
集合住宅の外壁塗装工事にかかる期間は当然のことながら建物の規模に応じて異なります。

一般的な戸建て住宅は1~3週間程度で工事が完了するとされていますが、2階建てアパートなど規模が小さい場合は1~2か月程度、大規模マンションの場合は半年近くかかる場合もあります。規模が大きいほど多くの塗料や資材が必要になるだけでなく長期間にわたって人件費がかかるため、外壁塗装の費用相場も高くなっていきます。

集合住宅で行う外壁塗装工事の工程と費用相場

集合住宅の外壁塗装を行う際にはその費用や価格が気になるところだと思いますが、その費用相場を知るためにはまず外壁塗装工事に必要な作業工程を知ることが必要です。

足場組み立て・設置

外壁塗装工事をする際、まず始めに行うのが足場の組み立て・設置です。戸建て住宅でも足場設置は基本的に必要となりますが、マンションやアパートなどの集合住宅は高層となる場合も多く外壁塗装作業のための足場設置は不可欠です。

特に高層になるほど足場材の量も多く、組み立て・解体の時間をかかるため足場の費用も高くなりがちです。足場費用は外壁塗装費用全体の約2割を占めるのが相場とされ、「足場架面積×平米単価 (約600~1,500円)」で算出することができます。

高圧洗浄

足場設置後は外壁塗装をする場所の高圧洗浄を行い、汚れやコケなどを丁寧に洗い流します。汚れがついた状態では塗料がしっかりと固着しないため高圧洗浄は外壁塗装工事において省くことのできない工程です。

下地処理・コーキング

高圧洗浄を行った既存外壁にひび割れやひび割れなどの傷みがある場合にはその補修処理を行います。外壁にコーキング施工がされている場合は古いコーキングを除去して打ち直しするなどの補修も行います。

補修をしないまま外壁塗装を行っても耐用年数よりも前にひび割れや剥がれが起きてしまいやすいので、この下地処理とコーキング打ち直しはとても重要です。

養生

外壁塗装を行うための洗浄や補修が完了したら、ビニールシートなどを用いて養生を行います。この養生は開口部など塗料が付着してはいけない部分への塗装を避けるために行うもので、養生の仕方で細かい部分の仕上がりの精度が変わってきます。

集合住宅の場合は各家庭の開口部など養生しなければならない部分も多いため、この作業に多くの時間がかかることがあります。

塗装(下塗り、中塗り・上塗り)

ここまでの工程が終わったらついに塗装作業に入ります。外壁塗装は基本的には下塗り・中塗り・上塗りの3回塗りですが、外壁と塗料の密着度を高めるための下塗りを複数回行うことなどもあります。

集合住宅の外壁塗装工事の費用相場が大きく変わるのが、ここでどんな塗料を選ぶかということだと思います。塗料の単価は塗料メーカーが決めているため、同じ塗料を使った場合は塗装工程だけに限ればどの外壁塗装業者でもあまり大きく費用相場が変わらないのが通常です。

撤去・清掃

塗料がしっかりと乾いたら養生や足場の撤去を行います。さらに外壁塗装工事に使用した資材や工具などを片付けて点検し、清掃をしたら工事全体が完了します。この部分については見積もりなどに乗ることはほとんどありませんが、足場設置代や材料運搬費などに含まれていると考えていいでしょう。

集合住宅の外壁塗装費用の相場

集合住宅の外壁塗装の費用相場

集合住宅の階数による費用相場

外壁塗装費用の相場はその規模によって異なるため、マンションやアパートなどの集合住宅では階数によってある程度の料金の相場があります。

3階建て(外壁塗装面積約780㎡):約200万~400万円
4階建て(外壁塗装面積約1,030㎡):約350万~500万円
5階建て(外壁塗装面積約1,290㎡):約450万~650万円
6階建て(外壁塗装面積約1,550㎡):約550万~800万円
7階建て(外壁塗装面積約1,800㎡):約650万~900万円

もちろん外壁塗装業者によって費用・価格にかなりの差が出るため、相見積もりを取ると悩んでしまうことになるかもしれませんが、同じ集合住宅の規模でそれだけの差が出るということはその外壁塗装業者が設定した工事内容に不足または過剰がある場合もあると考えることもできます。

種類別・塗料の費用相場

集合住宅の外壁塗装の費用相場に大きく影響するのが塗料の種類です。外壁塗装に使用する塗料は種類によって耐用年数や機能性が異なるため、その単価相場にも大きな差があります。

外壁塗装工事で最も多く使用されるのが「シリコン塗料」で耐用年数は7~13年。平米単価2,500~3,500円とコストパフォーマンスのいい塗料として普及しています。

「アクリル塗料」平米単価1,000~1,200円と安価で種類も多い塗料ですが、耐久性があまり高くなく耐用年数は3~5年。集合住宅でもこまめな塗り替えをする場合などに選ばれることが多いものです。

「ウレタン塗料」はシリコン塗料の台頭によりアクリル塗料とともにあまり使われなくなってきたタイプです。平米単価1,500~2,000円で耐用年数は5~8年。外壁や屋根に使用されることは減りましたが密着性が高いため付帯部などに使用されることが多く、ウレタン防水は集合住宅のベランダ・屋上などに使用されれることが多く見られます。

「フッ素塗料」は耐用年数が長く約12~20年。紫外線などに強く防汚性にも優れており長い期間きれいな状態が維持できる塗料です。ただし価格相場も高く平米単価3,500~5,000円とされているため、一般的な住宅ではまだあまり広く普及はしていないようです。

フッ素塗料と同様に耐用年数が10~20年と長く防汚性などに優れているのが「光触媒塗料」平米単価は4,000~5,500円/㎡とやや高い相場となっていますが、光による化学反応で壁に付着した汚れを分解して雨によって洗い流すことができたり、空気浄化効果があるなど機能性の高さで注目を集めています。

また、最近人気が上がってきているのが「ラジカル塗料」です。耐用年数は12~15年と比較的長く、相場としても平米単価2,500~3,500円とシリコン塗料に並ぶコストパフォーマンスの良さが魅力。塗料が太陽光を吸収することで発生する物質(ラジカル)が外壁塗装を劣化させると考えられていますが、この塗料はラジカルの発生を抑えるため「ラジカル制御型塗料」とも呼ばれています。ただし、2016年にようやく日本の三大塗料メーカーから発売された新しい種類の塗料のためで実績が少ないのが実情です。

集合住宅の外壁塗装時に注意すべきこと

集合住宅の外壁塗装の費用相場

外装塗装の費用相場を知っておくこと

戸建て住宅でも集合住宅でも外壁塗装工事にはその規模によって費用の相場というものがあります。外壁塗装は費用も時間もかかる大きな工事のため、見積もりで出された料金が適正価格であるか判断できるように大まかな相場を知っておくことは大切です。

もちろん規模による費用相場はあくまで目安であり、使用する塗料や工程の内容によって大きく変動するものではありますが、塗料の単価なども合わせて知識を持っておくことで相場に合った価格での契約ができると思います。

値下げ交渉などを行うにしても、適正価格を知らなければ無理な要求になってしまうことがあり、その場合には仕上がりの質や耐久性が落ちたり塗装業者との関係性が悪くなってしまったりすることもあるので注意が必要です。

また、所有するアパートやマンションなどの集合住宅の状態を見た上で外壁塗装費用が適切かを判断するためには3社程度の外壁塗装業者に相見積もりを依頼するといいでしょう。

他のメンテナンス時期も考慮して外壁塗装を行う

集合住宅の外壁塗装は主に10~15年程度を周期にして行われるとされていますが、アパートやマンションなど建物の種類や築年数によって異なる場合もあります。

どんな集合住宅であっても10~15年程経つと外壁塗装以外の部分にも少しずつ劣化や不具合などが見られるようになってきます、また、築年数が長い集合住宅の場合は建て替えを考えなければいけないこともあるでしょう。

そうしたときに他のメンテナンスを考えずに外壁塗装を行ってしまうと、費用が余計にかかってしまったり他の工事の影響でせっかく新しくした外壁塗装に傷をつけてしまうなどということもあるようです。

集合住宅では外壁塗装と屋根塗装を同時に行うことが多いと思いますが、それ以外にも内装や水回りのリフォーム、配管修繕、白アリ駆除など他のメンテナンス時期についても考慮して、劣化してから工事を消えるのではなく長期的なメンテナンス計画をあらかじめ決めておくようにすることが大切だと思います。

入居者や近隣住民に工事の事前告知を行う

集合住宅で外壁塗装工事を行う場合は必ず居住者に対して事前告知を行う必要があります。外壁塗装工事の多くは建物自体を足場やシートで覆うため日当たりが悪くなったり、ベランダに洗濯物を干せなくなったり、窓を開けられなくなったりします。

その間の対応を居住者がそれぞれ考えるためにも外壁塗装工事が決まったらできるだけ早い段階で工事の時期や内容、気をつけて欲しいことなどについて案内を行うことが大切です。

また、外壁塗装工事は塗料を塗る作業以外にも金属製の足場を組んだり、高圧洗浄で汚れを落とす作業などがあり、音やにおいなどで近隣へ迷惑をかけてしまうことも少なくありません。

近隣住民とのトラブルを招かぬよう工事時間や時間帯、内容などとあわせて、できるだけ迷惑をかけないよう配慮することを工事が始まる前に必ず周知しておくようにしましょう。

集合住宅の外壁塗装の費用相場と注意点まとめ

マンションやアパートなど集合住宅の外壁塗装工事にかかる費用相場や注意点について理解していただけたでしょうか?大規模な集合住宅になる程、費用や住民への配慮など大変な部分は多いと思いますが、外壁塗装は建物の価値を左右する重要なメンテナンス工事です。

「費用の相場がわからない」「住人の都合が合わせにくい」などついつい先延ばしにしてしまうこともある集合住宅の外壁塗装工事ですが、建物の価値を守り住人に快適に暮らしてもらうためにも適正な時期に適切な外壁塗装・外壁リフォームを行うようにしましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -