外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

外壁塗装の時期を逃して、行わないとどうなるの?

 
外壁塗装の時期を逃し行わないとどうなる?
この記事を書いている人 - WRITER -

一戸建ての自宅、アパートマンションの経営・管理をしておられる方であれば、一度は考えたことがあると思いますが、建物のメンテナンスには外壁塗装というメンテナンスが必ず必要になります。
しかし、外壁塗装は何となく必要だということが分かっていても、結局のところ本当に外壁塗装って大切なのだろうか?と思ったことがある方も多いかもしれません。

最近では、ハウスメーカーは、100年もつ住宅という宣伝を行うこともあるほど、住宅の性能が向上しています。
きちんとメンテナンスをすれば、かなり長持ちさせることができるようになってきた、というわけです。しかし、それはあくまでもきちんとメンテナンスした場合です。

外壁塗装というメンテナンスは、その住宅を長持ちさせるという目的を達成する上で、どれほど大切なのでしょうか?
また、外壁塗装の時期を見逃して、きちんとしたタイミングで行わないとどうなるのでしょうか?

今回この記事では主に、外壁塗装のメリットを考えながら、反対に外壁塗装の時期を逃し、行わないとどうなるのか?ということについてまとめてみました。
外壁塗装の耐用年数や時期、行わないとどうなるのか不安だという方は、是非参考にしてみてください。この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

外壁塗装の時期ってそんなに大切なの?

外壁塗装の時期を逃さず、きちんと行うことはそれほど大切なのでしょうか?そもそも、外壁塗装を行う理由や、メリットとは何なのでしょうか?
具体的に外壁塗装をきちんと行うメリットが分かれば、外壁塗装の時期を逃すことを避けられます。

外壁塗装の時期を見逃さないメリットとは?

見た目を美しく保つ

外壁塗装の時期を逃し行わないとどうなる?
新築時の外壁塗装や、一度行ったメンテナンスとしての外壁塗装の後、一定の期間が経つと耐用年数を超えてしまいます。
耐用年数を超えてしまった外壁には汚れがつきやすく、色あせやツヤのなさなどが目立つようになるでしょう。

外壁塗装は、外側の最もよく見える部分です。それで、目に見えて変化するため、家全体の資産価値も変化させることになります。どうしても汚れやすくなり、世間体も良くありません。
売却するとなった時も、きちんと見た目を美しく保ち、外壁塗装を行っていないと本来得られるはずの評価を受けられなくなってしまうのです。

建物の耐久性の向上

一般的に外壁塗装の時期を考え、外壁塗装を行うことは、見た目だけの問題と思っている方が多いのですが、実は外壁の素材自体を持っている外壁塗装をきちんとメンテナンスしていると、建物全体の耐久性の向上につながります。
外壁塗装の時期を逃し、古くなってしまった外壁塗装を放置しておくと、外壁の素材やその内側にまでダメージが及んでしまうからです。外壁塗装の時期は、使用した塗料の種類によって異なります。

省エネ効果

外壁塗装の時期を逃し行わないとどうなる?
外壁塗装の時期と省エネ効果には、あまり関係がないと思っている方は少なくありません。しかし、外壁塗装がしっかりとしていると隙間風などを防ぐことができます。
いくら内装が綺麗な家でも、外壁塗装が傷んでしまうとクラック、つまりひび割れなどが外壁に生まれ、冬は寒い風が入り、夏は閉め切っていても暑い空気が入ってくるという現象が起きてしまいます。

省エネ効果の高い近代的な住宅に住んでいるという方であれば、外壁塗装の時期を逃したせいで省エネ効果が下がってしまうのは、もったいないと言えるでしょう。

年々暑くなっている傾向の強い日本、必要な省エネ対策を取り入れたいなら外壁塗装の時期を逃さないようにしましょう。

外壁塗装の時期に対する一般的な見方・考え方とは?

ここまでで、外壁塗装の時期を見逃さないことの大切さがわかりいただけたでしょう。行わないとどうなるか?というのはそのメリットの反対です。

では、そもそも外壁塗装の時期に関する一般的な考え方・見方とは何なのでしょうか?
外壁塗装の時期を逃し、きちんと行わないとどうなるかを考える前に、外壁塗装の時期を逃してしまいがちな理由として典型的なものをいくつか取り上げ、事実と比べてみましょう。

外壁塗装の時期を見逃しがちな理由

見た目がまだキレイ

外壁塗装の時期を逃し行わないとどうなる?
ふさわしい外壁塗装の時期を見逃してしまいがちな理由の一つは、見た目がまだ綺麗だということです。しかし、見た目が綺麗だというだけで、行わないとどうなるでしょうか?
見た目がまだ綺麗だと感じても、実際にはひび割れやチョーキング現象などが細かいところに起きていることは、少なくありません。

遠目から見て外壁がまだそれほど汚れていないと感じるからといって、外壁塗装の時期がまだ来ていない理由にはなりません。
外壁は確実に劣化して、家自体をむしばんでいるのに、きちんと点検もせず遠くから見た目で判断することは、家全体のダメージにつながります。

また、見た目が綺麗でも、外壁塗装の時期が来ているサインの一つは、チョーキング現象です。
これは触ってみなければわかりませんが、壁を触った時にチョークの粉のような白い粉が手につくことがあります。これは、外壁塗装の塗膜が劣化している証拠です。

見た目が綺麗でも、チョーキング現象が起きていると、外壁塗装の時期が来ています。

耐用年数がまだ来ていない

耐用年数がまだ来ていないというだけで、外壁塗装の時期を逃してしまうことがあります
もちろん、耐用年数というのは外壁塗装の時期を見逃さないための目安のひとつです。

しかし、それだけを基準にして外壁塗装自体が傷んでいるサインが出ているのに、メンテナンスを行わないとどうなるでしょうか?結果は明らかです。
耐用年数というのは、あくまでも環境により異なります。年数だけを気にして外壁塗装の時期を決め込んでしまうなら、ぴったりの外壁塗装の時期を見逃してしまうかもしれません。

お金がかかる

外壁塗装の時期を逃し行わないとどうなる?
外壁塗装の時期を逃してしまう大きな理由の一つに、お金がかかるという方がいます。しかし、お金がかかるからといって、行わないとどうなるのでしょうか?
結論から言うと、反対にお金がかかることがあります。

定期的に外壁塗装のメンテナンスを行っておけばよかったものの、行わなかったせいで大掛かりな外壁リフォームが必要になってしまうこともあるのです。
長い目で見て外壁塗装の時期を見逃さないことは、お金の節約につながります。

外壁塗装、正しい時期に行わないとどうなる?

では、家全体の症状として、外壁塗装の時期を見逃し、行わないとどうなるのでしょうか?正しい時期に行わないとどうなるのかを知っておくと、良いリマインダーになります。

行わないとどうなる?恐ろしい症状たち

外壁塗装の役割というのは、見た目を美しく保つだけのものではありません。外壁塗装を守るということは、外気や雨風など、普段家がさらされている外からの刺激から、外壁を守ることです。
外壁塗装が劣化し、外壁そのものが傷んでしまうと、さらに深刻な症状に悩まされることがあります。

毎日24時間、外からの刺激にさらされている外壁塗装は、確実に少しずつ剥がれて劣化していくものです。外壁塗装の時期が過ぎ、それでも行わないとどうなるのでしょうか?

防水機能が確実に低下する

外壁塗装の時期を見逃し、行わないとどうなるのか?ということを考える上で覚えておきたいのが、外壁塗装には防水効果があるということです。
外壁塗装の機能が落ち、外壁に直接雨や雪などの水分がつくようになると、水分や湿気が、家の中に入り込むようになります。

外壁の耐久性も落ちることにつながり、外壁塗装の修理だけでは、直らなくなる可能性が非常に高いんです。

ひび割れの原因となる

外壁塗装の時期を逃し行わないとどうなる?
湿気や水分が家の中に入り込むようになったものの、まだ外壁塗装を行わないとどうなるのでしょうか?
一度外壁塗装が剥がれ、外壁そのものを耐久性がなくなってくると、ひび割れが起きるようになります。

外壁塗装のひび割れではなく、外壁そのものにひび割れが起こるようになるんです。ひび割れが起きるということは、外壁全体のバランスが乱れます。

それで、外壁が反って斜めになるなどの症状が起きるため、外壁全体だけではなく、家全体のバランスも崩れ始めるのです。

外壁内部が腐り始める

外壁塗装の時期は確実に過ぎているのに、それでも行わないとどうなるのでしょうか?外壁のひび割れから、湿気、雨、汚れなどの外的な要因が、直接外壁の中に入り込んできます。

それで、特に水分などが入ることにより、外壁内部が劣化、つまり腐り始めていくのです。外壁内部が腐り始めるということは、どうなるのでしょうか?
外壁の中、家構造自体の木材部分の腐食が始まります。実は、このような腐食つまり劣化が進んで行くと、外壁が崩れてしまう可能性も実は少なくありません。

外壁塗装を行わないとどうなるのか?と思っているものの、外壁が落ちてしまうというところまで考えたことがないという方は多いと思います。
しかし、外壁塗装のメンテナンスは、それほど大切なものなのです。構造部分の木材に腐食が及ぶと、家全体を支えている部分が腐り始めることにつながりますので、家全体の傾きの原因にもなります。

家が傾くということは、どうなるのでしょうか?家全体に隙間ができることで、断熱性なども低下していくのです。また、外壁コンクリートには、セメント成分が含まれています。
雨や風にさらされることで、本来の強度を保てなくなり中性化してしまうのです。そうなってくると湿気や雨を壁全体で吸収するようになるため、雨漏りの原因ともなります。

まとめ

外壁塗装の時期を逃し行わないとどうなる?
いかがだったでしょうか?外壁塗装の時期を見逃さないことの大切さ、外壁塗装の時期を逃し、行わないとどうなるか?恐ろしいということが、お分かりいただけたでしょう。

家のメンテナンスにはお金がかかるものですが、賢くお金を使うためにも、外壁塗装の時期を見逃さないようにしましょう。
そうすれば、今回見たような行わないとどうなるか、悲しい結果を避けることができるでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -