外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

外壁塗装の見積もり相場とは?値引き交渉や費用テクについて

 
外壁塗装の見積もり、値引き交渉や費用テク
この記事を書いている人 - WRITER -

外壁塗装・外壁リフォームをする際には、基本的に見積もりを出してもらうと思いますが高額な費用がかかるので「少しでも安くしたい」「出来れば値引き交渉したい」と思う人が多いと思います。

しかし、やみくもに値引きをしてもうまくいくものではありませんし、相場を含めてある程度外壁塗装・外壁リフォームに関して理解しておかないと値切りによる思わぬトラブルを招くことも…。

ここでは外壁塗装・外壁リフォームの見積もりで出される各作業工程の相場をはじめ、どのように値引き交渉をすれば費用を安くすることが出来るのかといった費用テク、値引きによるトラブルなどについて解説していきたいと思います。

外壁塗装の見積もりの値引きや費用テクについて

外壁塗装・外壁リフォームの項目別単価相場

外壁塗装の見積もり、値引き交渉や費用テク

仮設工事や洗浄の単価相場

  • 足場代
    600~800円/㎡
  • 飛散防止ネット
    100~150円/㎡
  • 高圧洗浄
    100~300円/㎡

外壁塗装工事の単価相場

  • 下地調整
    20,000~30,000円(状態や補修内容により変動あり)
  • 下塗り
    600~1,000円/㎡
  • 中塗り・上塗り
    800円~5,000/㎡(塗料の種類により異なる)

屋根塗装工事の単価相場

  • 下地調整
    10,000~30,000円(状態や補修内容により変動あり)
  • 下塗り
    600~1,200円/㎡
  • 中塗り・上塗り
    800円~5,000/㎡(塗料の種類により異なる)

付帯部分やオプション工事の単価相場

  • シーリング工事
    600~1,000円/m
  • ベランダ防水工事
    3,000~8,000円/㎡
  • 雨樋・配管塗装
    600~1,500円/m
  • 破風
    800~1,200円/m
  • 軒天・軒天井
    800~1,300円/m

外壁塗装の見積もりの値引き交渉や費用テク

外壁塗装の見積もり、値引き交渉や費用テク

見積もりからの値引きの限界を知る

外壁塗装・外壁リフォームの費用を安くするための値引き交渉の前に、見積もりで出された値段が相場と比較して適正価格なのかということを確認することが大切です。

外装塗装の費用は大まかに人件費・材料費・足場代・運営費(諸経費)の4種類からなっています。この中で材料費と足場代は業界内で単価や相場が決まっているため施工業者では値引くことの出来ない部分になり、この価格はほとんど変えることが出来ないと思います。むしろ足場代を値引きしたり足場なしで工事をするなどという業者はやや危険かもしれません。

人件費は外壁塗装・外壁リフォームを実際に行う職人に支払う費用となりますが、この費用は業者によって大きく異なります。特に施工業者内に職人が所属している場合と外部へ委託する場合では中間マージンの有無で費用が大きく異なるのです。ただし人件費を安くすることを求めすぎるとそのしわ寄せが職人に行ってしまうこととなるのでそのあたりは費用テクとして少し気をつけた方がいいでしょう。基本的に人件費は上記した見積もりで出された各工程の単価相場に材料費とあわせて計上されています。

ある程度適正な価格で見積もりが出されている外壁塗装の値引きを行う際、交渉の余地があるのは運営費だと思います。この中には工事に伴う交通費などの諸経費や会社運営費などが含まれており、施工業者の利益部分となります。

運営費(諸経費)は一般的に工事費用全体の20%程度とされることが多いため、値引き出来るのは多くても費用全体の10%程度が限界だということは頭に入れておくべき費用テクです。見積もり全体の値段が適正であるかなどについては日本外壁塗装相談センターなどの第三者機関に値引き交渉前に相談するのもいいでしょう。それにより「あとどれ位安くなるか」などの目途もつくと思います。

外装塗装・外装リフォームの工期にこだわらない

外壁塗装・外壁リフォームの費用を安くするための費用テクとして、工期にこだわらないというのも大きなポイントです。各業界には繁忙期があるため、その時期を外して業者側の都合のいい時期に施工を依頼するということも値引き交渉のいい材料となるでしょう。結果的に料金を安くするための費用テクとして相手の都合に合わせて相手からの要望を多少受け入れることも考えた方がいいと思います。

部分工事は高くつくのでまとめて行う

外壁塗装・外壁リフォームといっても、壁だけでなく屋根塗装や建物の付帯部分の塗装もまとめて行うことが一般的です。全体の費用や価格を安くするために壁だけ、屋根だけ、付帯部分は自分で(DIY)などと考える人もいますが、実はこれはあまりおすすめ出来ません。足場を組むことや材料運搬費、人材費がかかることを考えるとまとめて工事を行った方がトータルの値段は安いのです。

また、DIYが流行っておりホームセンターなどでもさまざまな塗料や道具が手に入ります。しかし、家の外壁などは失敗すると下地を傷めて雨漏りの原因をつくったり大きなトラブルにつながることもあるので細心の注意を払いましょう。失敗してから改めて外壁塗装業者に依頼をすると補修などを含めることで価格が高くなる傾向にあります。

外壁塗装の見積もりで危険な値引き・費用テク

外壁塗装の見積もり、値引き交渉と費用テク

見積もりが相場に合っているか確認していない

外壁塗装や外壁リフォームのように100万円を超えるような高額な料金がかかる工事ともなると、少しでも値引きしてほしい、値段を安くする費用テクが知りたいと思うものだと思います。しかし、施工業者に見積もりを出してもらってそのまま何も確認せずに費用テクばかりを意識して値引きしようとするのはあまりおすすめ出来ません。

そもそも外壁塗装や外壁リフォームでは塗料の単価や相場というものがほぼ決まっているため、適正価格で算出された見積もりの場合値引きの余地がない可能性があるのです。良心的な業者であれば見積もりを出した段階で、依頼主側が費用テクを使わずとも端数部分を値引きしてくれていることも少なくありません。

そうした適正な見積もり料金からさらに値引きをしようとしてもどこからも値引くことが出来ず、業者と依頼主の両方が不快な思いをしてしまうことがあり、気持ちよく工事を終えることが出来ない可能性も…。値引きをしたいと考える場合は費用テクばかりを調べるのではなく、まずはその見積もりの価格が相場に沿った適正な値段かということを確認することが大切です。その上で値引き出来そうな余地があるのかということを検討しましょう。

出された見積もり料金が安いのか高いのか、または適正料金であるかが判断出来ない時には複数社に相見積もりを依頼したり、日本外壁塗装相談センターのような第三者機関に相談してみるというのもいいでしょう。その際外壁リフォーム費用を出来るだけ安くするための費用テクなどについてもアドバイスをもらってもいいと思います。

過度で強引な値引き交渉はNG

上記で説明したようにはじめから適正単価で算出された見積もりの場合、値引きの余地がほとんどない場合もあります。その場合は、無理に費用テクを用いて値引きを迫っても業者側も利益が全く出なくなってしまったりして値引きのしようがないことがあるのです。

業者側の利益部分を安くする、または完全になくすというのは無理がありますし、強引な費用テクで交渉すると施工業者や職人の反感を買うこともあるので注意しましょう。最悪の場合安価な素材が使われたり、手抜き工事が行われてしまう可能性などもあるので、お互いが納得いく形で依頼が出来るように引き際もしっかり見極めることが大切です。

目先の値段を安くすることにこだわりすぎる

見積もり書を見てさまざまな費用テクを使って値段を安くすることが出来ても、工事の内容や塗料のグレードなどが大幅に落ちるようであればあまり意味がないかもしれません。

屋根塗装や外壁リフォームに使用する塗料は多種多様で、それぞれ異なる特徴を持っています。強度や耐用年数なども全く異なり、当然のことながら長持ちする塗料ほど単価も高くなります。塗料のグレードを落とせば船体の料金もぐっと安くなる可能性はありますが、その分すぐに劣化してしまいあっという間に次の外壁リフォーム時期が来てしまう可能性が高いのです。

目先の価格を安くすることばかりにこだわると、結果的に外壁リフォームの回数が増えてしまい料金や手間が余計にかかってしまうこともあるので長期的に見て工事内容を考えるようにしましょう。

飛び込み営業などとの即契約は危険

一戸建てに住んでいる人であれば、自宅に外壁塗装や外壁リフォームの営業マンがやってきて、さまざまな提案をされた経験がある人は多いのではないでしょうか。こうした飛び込み営業を行う業者が悪いとはいいませんが、その場で焦って契約をしてしまうことだけはやめておきましょう。

魅力的な工事内容を安い価格で提案されたり、「今だけのキャンペーン」などと強くすすめられるとついつい気持ちが焦ってしまいがちですがどんなに魅力的な提案、安い見積もりを出されても一度その営業マンから離れて考えられるようにした方がいいでしょう。

外壁塗装や外壁リフォームに関してはその場で決めてしまうのではなく家族と相談し、見積もりが本当に適正な料金なのかということや値引きのための費用テクなどを調べた上でじっくり考えるようにしましょう。

業者側からの大幅値引きには注意

外壁リフォームのように数十万、数百万単位の料金がかかる工事では、見積もりを出されて即座に承諾する人の方が少ないでしょう。見積もりで出された価格が安いのか高いのか判断出来なくても、ひとまずもっと安くすることが出来ないか値引きの確認をする人も多いと思います。

そうして依頼主が躊躇し検討している時に、見積もりを出した業者側からより安くする提案をしてくる、それも50万など大幅な値引きを提案してくる場合はあらかじめ値引きするつもりで見積もり自体がやや高めに設定されている可能性があります。そうすることで依頼主に「安い!」と思わせてすぐに契約を結ぶための業者側の費用テクとも言えるので安易に乗せられないように注意しましょう。

外壁塗装の見積もりや値引き交渉で困った時は?

外壁塗装の見積もり、値引き交渉や費用テク外壁塗装や外壁リフォームについては、自宅に飛び込みで営業マンがやってくることも少なくありません。特に「近所で工事をしているのでご挨拶に…」「今だけお得なキャンペーンをやっているので」などと外壁塗装や外壁リフォームを安い値段で出来るという案内を持ってくる営業マンがたくさんいます。

また、「自宅の状態を見てすぐに外壁塗装をした方がいいと思ったので…」などこちらの不安感を煽るような説明で即時契約を結ぼうとする業者も少なくありません。外壁塗装や外壁リフォームについて元々知識のある人というのは、一般の主婦などではほとんどいないと思います。専門用語や専門知識を並べられて、その必要性を説かれれば心配になってつい契約してしまう人もいるでしょう。

そして後になって思っていたよりも安い値段ではなかったことを知って後悔したり、本当にその外壁塗装工事が適当なのか判断出来ず悩んでしまったり、ということも多く見られるトラブルです。

飛び込み営業でなくとも、いくつかの業者に外壁塗装の見積もりを出してもらってもそれが安いのか高いのか判断出来なかったり、使用予定の塗料で本当にいいのかわからない、などということもあると思います。

つまり外壁塗装の依頼者となる大半の人は見積もり書を見たり、業者による説明を聞いても本当に納得して承諾している人はそう多くないということなのだと思います。

そのような悩みを持った時に、第三者機関として相談に乗ってくれるところが実はあるのです。インターネット上にそのような機関、サービスがいくつかあるようですが、特におすすめなのが『日本外壁塗装相談センター』です。

日本外壁塗装相談センターでは外壁塗装・外壁リフォームのプロである一級塗装技能士が在籍し、優良な外壁塗装業者を厳選しており、その中から見積もり比較を行うことが出来る無料サービスを提供しています。日本外壁塗装相談センターでは見積もり、相談、業者仲介など全て無料となっており料金は一切かかりません。

日本外壁塗装相談センターのホームページ上で都道府県や建坪などを入力するだけですぐに複数社の見積もりを取ることが出来るのでとても簡単。さらに、見積もりを出しても結局どれがいいのかわからない場合などには日本外壁塗装相談センターの一級塗装技能士が相談に乗ってくれるので工事内容や費用、価格が適正であるかということもしっかりと判断することが出来ます。

ちなみに日本外壁塗装相談センターのホ一ムページ上で見積もりを出していなくても、外壁塗装や外壁リフォームに関する相談を一級塗装技能士に相談することが出来るので、値引きや費用テクを含め外壁塗装のことで困った時は一度相談してみると安心です。

しっかりと納得してから外壁塗装や外壁リフォームの依頼をしたいと考えている場合は、日本外壁塗装相談センターのように第三者機関として外壁塗装・外壁リフォームの見積もり比較や仲介を行ってくれる機関やサービスを利用することをおすすめします。

外壁塗装の見積もり値引きや費用テクまとめ

外壁塗装や外壁リフォームについては、一般人である依頼主はわからないことばかりだと思います。見積もり書を見ても施工業者による説明を聞いてもいまいち理解出来ないということもあるのではないでしょうか。

しかし、わからないまま見積もりを見てすぐに承諾したり、費用テクなどの知識がないまま値引き交渉をしてトラブルを招いてしまったりすることは絶対に避けたいもの。日本外壁塗装相談センターのような第三者機関に相談したり、当サイトのような外壁塗装の基礎知識や相場、値引きの費用テクなどについてまとめているサイトや書籍などからある程度情報を得ておくことは大切な自宅や財産を守るためにとても役立つと思います。

また、外壁塗装の費用は非常に高額のためその値段が安いことはとても魅力的ですが、費用を安くするための値引き交渉や費用テクばかりを意識して思わぬトラブルを招いてしまわないように注意しましょう。料金を安くするための費用テクについても、こちらの要求ばかりを押し通そうとするのではなく、相手(施工業者)の状況や外壁塗装料金の相場などをきちんと理解した上で交渉を行うということが重要なポイントとなります。あくまで相談という形で決して強引な費用テクを用いて値引きをしたり、過度に安い料金まで無理に引き下げないように気をつけましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -