外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費にできる?徹底調査!

 
自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?
この記事を書いている人 - WRITER -

事務所兼自宅の家に住んでいる場合、外壁塗装工事は経費に換算できるの?どこからどこまでが経費になる?処理の方法は?

など、自宅で作業をしている方はそんな疑問を抱いている人が多いようです。

今回は自宅兼事務書に住んでいる方のために、外壁塗装は経費処理ができるかどうか徹底調査してみました!

外壁塗装は経費に計上できる

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?

外壁塗装は経費に計上することができます。

なぜなら、事務所の機能を維持するために必要と考えられる限りにおいて、経費に計上できるためです。

例えば、バルコニーの修復などは、バルコニーの存在が事業に不可欠かどうか?ということが重要で、バルコニーが事業に必要ないようであれば、経費に計上することはできず、ご自身の負担となります。

経費として換算する場合はどうやって計算するの?

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?

経費として換算する場合は、自宅の何%を事務所として利用しているか?によります。

外壁塗装は全体を施工する必要がありますから、全体×事務所対応割合で計算することになります。

外壁塗装を経費にする場合の勘定科目は?

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?

外壁塗装を経費にする場合、勘定科目は「修繕費」か「資本的支出」で計上することができます。

つまり、経費にするか、資産にするかで勘定科目がちがいます。

修繕費として経費計上する場合

修繕費として経費を計上する場合、塗装が完了した年度に修繕費を一括で支払うことができるので、税金の金額を減らすことができます。

納税金額を減らしたい税金対策としてはいい方法です。

資本的支出として計上する場合

外壁塗装は資本的支出として計上することも可能です。

しかし、資本的支出に計上する場合は、修繕費とは違う計上方法となります。

資本的支出に計上する場合は、一括で計上するわけではなく、資産を計上して、減価償却費として経費化します。

ということは、複数年にわたって経費にしていく必要があります。

修繕費と資本的支出は何が違うの?

まず、修繕費とは、建物の損傷した部分を直して原状回復することが目的の経費です。

外壁塗装はもちろん、内壁や床、屋根、ガラスの交換なども修繕費として計上することができます。

災害によって損壊した場所を修復する場合も、この修繕費で計上することになります。

次に資本的支出についてですが、資本的支出とは、建物に損壊があるというわけではなく、不動産としての価値を高めたい場合に行われる工事を指します。

例えば、建物に非常階段を付けた、耐震性を高くした、などです。

外壁塗装工事の場合は、特に損傷がなくても修繕費として計上できることもあります。

外壁工事をどの経費で計上するか、という判断は、税務署がどのように考えるか?によって違ってくるので、その部分で判断が難しいとされることが多いようです。

修繕費と資本的支出の違いは税務署による?

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?

とは言え、修繕費と資本的支出を判断するのは、ある程度自分でも判断することができます。

修繕費に計上できる場合

工事料金が20万円以下、修繕の周期が3年以下であれば修繕費に計上できる可能性が高いです。

工事の金額が60万円以下であっても、現状維持、現状回復であれば修繕費に計上可能です。

これは、前期未取得価格の10%以下でも同じですよ。

前年度に継続し、7:3の割合で経理を行っているか確認し、「工事料金×30%×前期未取得価格×10%」となります。

上記に当てはまらない場合は、資本的支出を工事費用から「工事料金×30%×前期未取得価格×10%」を差し引いた金額となります。

外壁塗装が修繕費となる条件は?

外壁塗装が修繕費となる場合は以下となります。

  • 雨漏りなど損壊している部分を補修する
  • 建物の景観を保つ
  • 震災などで損失した部分を補修する

上記でもお伝えしましたが修繕費は現状回復や建物の維持が大きな目的となります。

外壁塗装が資本的支出となる条件は?

外壁塗装が資本的支出となる条件は以下となります。

  • 建物そもそもの価値を高めるための塗装
  • 外壁のデザインを変える塗装
  • 建物の耐久性を高める塗装

例えばモルタル壁を外壁リフォームをしてタイル張りにする、耐久性の良い塗料を使用して外壁塗装をした、集客を見込んで大幅なカラーチェンジをした、ということも、不動産の価値を高めることに当てはまります。

資本的支出は建物自体の価格を増額させるための経費ということを頭に入れておくといいでしょう。

修繕費と資本的支出はどっちがお得?

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?

修繕費として計上しても、資本的支出として計算しても、それぞれメリット、デメリットがあります。

外壁塗装を修繕費にした場合のメリット、デメリット

外壁塗装を修繕費に計上した場合、以下のメリットがあります。

修繕費にするメリット

  • 経費をすべて計上することができるので、その年の納税額が少なくなる可能性が高い

修繕費にするデメリット

  • 修繕費として計上する場合、その年の収入が少ないと営業不振とみなされ融資を受けられる可能性が低くなる

外壁塗装を資本的支出にした場合のメリット、デメリット

外壁塗装を資本的支出に計上した場合、以下のメリットがあります。

資本的支出にするメリット

  • 事業収益を調整することができるので事業融資の審査に通りやすくなる
  • マンションによる収入の場合、有効な節税対策となる
  • 赤字の年は経費を計上する必要がなく、後から柔軟に対応できる

資本的支出にするデメリット

  • 経費の上限が決まっている
  • 赤字の年に減価償却してしまうと不足分を控除されて審査される可能性があるので融資審査に通りにくくなる可能性がある

ご自身でどちらがいいか選択し、不安であれば税理士に相談しましょう。

外壁塗装の償却期間ってどうやって計算するの?

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?

減価償却する場合には減価期間を把握しておく必要があります。

外壁塗装の減価期間は、塗装する建物の耐用年数が適用されます。

ということは、建物の耐用年数を調べておく必要があるのですね。

それぞれ目安が示されているので、以下を参考にしてみてください。

  • 鉄骨鉄筋コンクリート/鉄筋コンクリート→住宅用47年/事務所用50年
  • 金属造(骨格材の肉厚4㎜超)→住宅用34年/事務所用38年
  • 金属造(骨格材の肉厚3㎜超4㎜以下)→住宅用27年/事務所用30年
  • 木造モルタル→住宅用20年/事務所用22年

耐用年数の詳細は国税庁のホームページでも調べることができます。

なお、建物の耐用年数についてはこちらで詳しくご紹介していますので、興味がある方はご覧ください。
マンションの外壁塗装、気になる耐用年数とは?

住宅用兼事務所の場合の耐用年数はどうやって計算するの?

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?

事務所用と住宅用では耐用年数が違います。

事務所兼住宅の場合、どうやって計算するのでしょうか?

耐用年数を計算する場合、1つの建物に適用できる耐用年数は1つです。

つまり、住宅用か事業所用か、どちらかになります。

これは、住宅部分と事業所部分の割合が、どちらが多いか、によって判断されます。

住宅用の部分が多ければ住宅用の耐用年数、事業所部分が多ければ事業所の耐用年数が適用されます。

1つの建物に1つの耐用年数の例外

1つの建物に1つの耐用年数ということには例外があります。

例えば、建物の一部を劇場として利用しているなどの、内部を特別な装飾をしている場合、劇場部分のみが劇場の耐用年数が適用されることになります。

新規事業のために中古物件を購入して外壁塗装した場合の耐用年数は?

新規事業用に中古物件を購入して外壁塗装した場合、修繕費ではなく、減価償却として計上することが可能です。

外壁塗装の塗料には法廷耐用年数は存在しない

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?

減価償却をする場合、必ず法定耐用年数に従って計算をします。

しかし外壁塗装の塗料には、法定耐用年数は存在しません。

とは言えメーカーごとに発表している期待耐用年数があり、相場年数は以下となります。

  • アクリル系塗料…5~8年
  • ウレタン系塗料…8~10年
  • シリコン系塗料…10~15年
  • ラジカル塗料…12~18年
  • フッ素系塗料…15~20年
  • 断熱塗料…16~18年
  • 光触媒塗料…16~22年
  • 無機塗料…18~22年

外壁塗装費用を減価償却する場合は法定耐用年数と期待耐用年数の違いをしっかり把握しておきましょう。

修繕費か資本的支出か判断するのは意外とややこしい

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?

外壁塗装の費用を修繕費に計上するか、資本的支出に計上するかというのは意外とややこしいのです。

基本的に、以下の項目に該当する場合は修繕費に計上することができます。

  1.  掛かった費用が20万円未満
  2.  修繕する周期が3年以内
  3.  掛かった費用が60万円未満
  4.  修繕費が前期の決算日時点でのその固定資産の取得価額の10%以下
  5.  1億円で購入した建物に修繕を行った場合、その10%の1000万円までなら修繕費として必要経費として計上できます
  6.  基本的には資本的支出(小額減価償却資産)にあたるが1個10万円未満のもので総額300万円まで

外壁塗装費用が300万円を超した場合は修繕費にならない?

例えばアパートやマンションなどの外壁塗装をする際、これまでと同じ塗料を使用すれば300万円で収まるものの、耐用性がいい塗料を使用して外壁塗装をしたところ500万円になったとします。

この場合、外壁塗装費用が300万円を超えていますので、資本的支出になるかと思いきや、300万円分は修繕費として認められ、残り200万円は資本支出として課税対象となります。

前期の決算日時点で固定資産税の取得価格の10%を超えている場合

前期の決算日時点で固定資産税の取得価格の10%を超えている場合、その支出金額の30%、もしくは前期の決算日時点での固定資産税の10%のうち、少ない金額が修繕費として計上され、残りの支出金額は資本的支出として計上することができます。

融資を検討しているのであれば資本的支出が有利

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?

銀行からの融資などを検討している場合、決算書に減価償却費があると、「長期的に経営することを見込んでいる」とみなされ、融資が通りやすくなることもあります。

現金を手元に残したいなら修繕費

 

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?

手元に当面の資金を残したい場合、修繕費に計上するといいでしょう。

修繕費はその年の節税が期待できますが、長い目で見ると、資本的支出に計上しても、修繕費に計上しても、節税できる金額はそこまで変わりません。

現在の状況と、今後の計画をしっかり立てて、どちらに計上するか検討するとより節税効果があるでしょう。

保険金をもらった場合は収入になる?

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?

外壁が損傷した理由が台風や雨風による場合、火災保険などの保険金を受け取ることができる場合があります。

その場合、保険金は収入になるかどうか、ということについてですが、災害によって資産が損害した場合に受け取る損害保険は、基本的に非課税となります。

例えば、300万円の保険金を受け取って、200万円しか修繕費がかからなかった、という場合、手元に残った100万円に対しては課税されることがありません。

保険金が収入として算入されていない以上、保険金の範囲内で外壁塗装を行った場合は必要経費には算入されません。

ただし、上記は個人事業主においての話で、法人の場合は取り扱いが大きく違いますので注意してくださいね。

個人事業主においては、損害関連は有利な取り扱いが多くなっています。

まとめ

自宅兼事務所の外壁塗装費用は経費?

自宅兼事務所の外壁塗装をした場合、事務所になっている部分の割合で経費に加算することができます。

その際、修繕費になるか、資本的支出になるかどうか、ということについては、費用がいくらかかったのか?経営としては修繕費とした方がいいのか?資本的支出にした方がいいのか?というのは、しっかりご自身で計画を立てて経費に加算するようにしましょう。

ただし、税務署によっては修繕費と加算したものも、資本的支出とみなすことがありますので、そのあたりは契約している税理士などに、しっかりプロに確認するのがベストでしょう。

この記事を書いている人 - WRITER -