外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

いつでも良いわけじゃない!外壁塗装の時期と季節のすすめ

 
外壁塗装、おすすめの時期・季節
この記事を書いている人 - WRITER -

マイホームを持っているという方、アパートやマンションの管理を行っているという方は、定期的に、建物のメンテナンスを行わなければなりません。
建物のメンテナンスにはお金がかかるものですが、大切な時期を逃してしまうと、建物の良い状態を取り戻すためには、かなり高いお金がかかってしまいます。

それで、メンテナンスのふさわしい時期や季節を知っておくことは、とても大切です。
いつでもいいと考え、先延ばしにしてお金を節約しようと思っていたものが、結局のところ予想以上にかかってしまったという最悪の結果にもなりかねません。
そういった悲しい結果を避けるためにも、考えておきたいのがメンテナンス時期と季節です。

建物のメンテナンスの上で、比較的頻繁に必要な時期が訪れ、建物全体にも影響を与えるのが外壁塗装です。
外壁リフォームにはお金がかかりますが、もちろん外壁塗装には耐用年数もあるため、外壁塗装の時期を見逃さないことは大切です。
そして、見た目に影響を与える外壁塗装ですから、外壁塗装の時期とそれを綺麗に仕上げるためのおすすめの時期も知っておくと参考になるでしょう。

今回この記事では、そもそも外壁塗装の時期や季節を見逃さないことがなぜ大切なのか?どんな時期や季節に外壁塗装を行うべきなのか?といった点について、調べてまとめてみました。
自分の家を持っているが、どんな風にメンテナンスを行えば良いかいまいちわからないという方、外壁塗装の時期や季節について悩んでいるという集合住宅のオーナーさんは、是非参考にしてみてください。

この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

そもそも、そんなに大切?外壁塗装のメリット

では、そもそも外壁塗装をきちんと行うことは、なぜそれほど大切なのでしょうか?外壁塗装の時期を見逃すことで、起きてしまう状況は何なのでしょうか?

外壁塗装のメンテナンスの大切さを知るために、また外壁塗装の時期を見逃さないでおこう!というモチベーションを高めるためにも、外壁塗装をきちんと行うメリットについて、少し知っておきましょう。

外壁塗装の時期を逃すべきでない理由

建物全体の補強・劣化を防ぐ

外壁塗装、おすすめの時期・季節
外壁塗装の時期を逃すべきではない理由の一つとして、建物全体を補強し、劣化を防ぐという目的があります。
外壁というのは、建物の外側の部分なので、雨や風、強い紫外線などにさらされ、予想以上に大きな負担がかかっています。

新築の建物でも、1年経てば色褪せが始まると言われるほど、思ったよりも速いスピードで劣化していくものです。

塗膜が剥がれてしまい、ボロボロになってからの状態であれば、外壁塗装の時期を逃してしまったと言えるでしょう。
そんな状態になってからでは、手遅れで費用もかなりかさんでしまいます。

ですから、外壁塗装の時期を逃さず、定期的にメンテナンスを行うことで、補強し劣化を防いでおく、というのが外壁の塗装の時期を逃してはならない大きな理由のひとつです。

家全体を長持ちさせる

では、次に外壁塗装の時期を逃してはならない理由とは何でしょうか?それは、外壁塗装の状態は、家全体に与える影響が強いからです。
外壁というのは、建物全体を守る働きをしています。外壁塗装がきちんとした状態であれば、建物全体に雨水の侵入を防ぐこともできます。

反対に、外壁塗装の時期を逃してしまい、ひび割れなどが入ると、建物の構造自体に影響を与えます。
ひどい場合には、柱などの構造が腐食したり、家が湿気で溢れてしまうなどといった、かなり深刻な事態を招きかねません。

雨漏りはまだしていない、湿気も感じていないという場合でも、目に見えない部分で外壁塗装は劣化しています。
外壁塗装の時期を遅らせないことで、実は家は約3倍も長持ちさせることができると言われているほど、大切なんです。

費用の節約のため

外壁塗装、おすすめの時期・季節
外壁塗装の時期を遅らせずに、定期的なメンテナンスを行っていれば、お金を節約できます。どうしようもない手遅れの状態になってから外壁を補修しようと思うと、その費用はかなり高額になります。

外壁の塗り替えだけでは治らず、外壁そのものを交換することになった、大がかりな外壁リフォームが必要になった、などという方も少なくありません。
もちろん、外壁塗装自体も、決して安いメンテナンス工事ではありませんが、長い目で見てトータルコストで考えた時に、外壁塗装の時期を逃さないことはお金の節約にもつながります。

いつやればいい?外壁塗装の時期

以上のことからも、外壁塗装の時期を逃してはならないということがよくわかりいただけたと思います。では、そもそも外壁塗装の時期とはいつなのでしょうか?

外壁塗装の時期や季節を見極めていく上で、今の外壁の状態がどんな状態か?というのはとても大切です。
メンテナンスが必要になってくる外壁塗装の時期や季節は、その素材や、使われている塗料によって異なります。

一般的に吹き付けの外壁であれば6年から10年が耐用年数です。サイディングボードALCパネルといったものであれば、10年ほどが耐用年数となっています。
しかし、この耐用年数もあくまでも目安であり、紫外線のよく当たる方向側は壁の劣化が早く進むなど、同じ建物の中でも面によって劣化のスピードは異なります。

一部の外壁塗装が傷んでいることを見つければ、全体の外壁塗装の時期に入っていると考えることができるでしょう。

新築時・前回の外壁塗装から考える

外壁塗装、おすすめの時期・季節
外壁塗装の時期や季節を考える上で、さらに大切なポイントは、新築時や前回の外壁塗装で使った塗料から考えるということです。

外壁塗装に使われる塗料には様々なグレードがあり、耐久年数が異なります。
塗料メーカーがそれぞれ発表している耐久年数は異なりますが、あくまでもグレードによって、大まかに分けることができるでしょう。

アクリル系塗料

グレードが低く、安価であるために、新築住宅などに使われることが多いのが、このアクリル系の塗料です。

各メーカーは、5年から7年としていることが多いようですが、あくまでもこの耐久年数は室内での実験結果ですので、外気にさらされている外壁の状態を考えると、
新築時また前回の外壁塗装から5年後には、新たな外壁塗装の時期に入ると考えてよいでしょう。

シリコン系塗料

コストパフォーマンスが良く、最も人気の高いシリコン系塗料のメーカー発表耐用年数は、一般的に10年から15年程度です。外壁塗装の時期としては、10年後程度を目安に考えると良いでしょう。

無機塗料

外壁塗装の時期を最も長く保つことができる外壁塗装の塗料は、無機塗料です。メーカー発表耐久年数は、なんと20年から25年とかなり長期です。

それで、一度のコストはかかりますが、長い目で見た時に、コストパフォーマンスは比較的良いとされています。
無機塗料を使って新築した場合、また前回の外壁塗装を行った場合には、次の外壁塗装の時期は20年後程度と考えましょう。

外壁塗装の時期検討は建物の状態次第

前回使った外壁塗装の塗料の種類や、建物の素材などから、大まかな外壁塗装の時期や季節を検討することができます。

しかし、外壁塗装の時期の失敗を防ぐために、他の要素も大切です。外壁塗装の時期や季節を見極めるために、他にどんなポイントがあるのでしょうか?

築年数が10年以上経過している

外壁塗装、おすすめの時期・季節
外壁塗装の時期や季節を検討する上で、その家や建物の築年数が、何年か?ということを知っておくのは、非常に重要なことです。

見た目に関係なく、外壁塗装の時期を知るためには築年数を意識する必要があるからです。
一般的に新築住宅に使われているのは、アクリル系の塗料やシリコン系の塗料など、約10年前後しか耐用年数のない塗料です。

ですから、塗料の耐用年数の時期に合わせて考えると、どんな住宅でもまず築年数が10年以上経っていれば、外壁塗装の時期に来ていると考えてよいのです。

自分の家や、持っている建物に使われている塗料がわからないという方も、一般的に築10年経ったら、外壁塗装の時期に来ていると思って良いでしょう。

ライフステージが変化したら外壁塗装の時期

外壁塗装の時期を知るために、もう一つ大切な要素となるのは、その家に住んでいる方のライフステージの変化です。

外壁塗装の時期を知るために、ご自身のライフステージ、ご家族のライフステージを意識しましょう。
結婚や出産、子供さんが学校に行き始めた、車を購入した、内装をリフォームするなどといったライフステージの変化が、外壁塗装の時期と大きく影響します。
それは、家の状態が大きく変化するというよりは、ファイナンシャル、つまり経済的な問題です。

例えば、子供さんが学校に入学するタイミング、出産するタイミングなどに外壁塗装の時期が被ってしまうと、どちらの出費も大きく、非常に苦しくなってしまうかもしれません。

家の外壁塗装の時期が来てしまえば、それを逃すわけにはいかないのですが、分割払いなど、負担の少ない方法で行うことができます。
しかし、外壁塗装の時期が急を要していない場合には、無理に悪徳業者に頼むというよりは、状況に合わせて外壁塗装の時期を柔軟に組んでいくことが大切です。

最適な外壁塗装の時期や季節を見極めるためにも、ライフステージの意識が大切なのです。

塗装業者が忙しいのはいつ?

外壁塗装の時期や季節を考える上で、塗装業者が忙しいのはいつか?を知っておくと、丁寧な対応をしてくれることを期待できます。
外壁塗装業者のスケジュールがどんな風になっているのか?を知っておきましょう。一般的に塗装を依頼する側、つまりお客側が行動を開始するのは春から夏頃です。

そして、工事が行われている時期は春と秋、最も多くの工事を行っているのは秋口と言えるでしょう。春と秋には工事が集中しているので、塗装業者が忙しく対応に不備が出てしまう可能性もあります。

どの時期に工事をするかは別として、相談を始めるのは忙しい時期や季節よりも、少し余裕のある冬から夏頃がはおすすめです。

外壁塗装の時期を教えてくれるサインとは?

塗装業者の状態、ライフステージの変化、築年数や塗料の種類などに加えて、外壁塗装自体の状態を、定期的によく観察しておくことは、外壁塗装の時期を見逃さないために欠かせません。

一般的な外壁塗装の時期だけを頼りにして自分の家の外壁の状態を、普段観察していないなら、外壁塗装の時期や季節を見逃してしまう可能性が高いからです。

塗装の時期にさしかかると、外壁は様々な症状を出し、サインを出してくれます。では、外壁塗装の時期や季節を知ることのできる外壁のサインとは、何なのでしょうか?

ツヤが落ちてくる

外壁塗装、おすすめの時期・季節

外壁塗装の時期や季節を見極める上で欠かせないのが、外壁のツヤが落ちてくるということです。新築や塗りたての時には、ツヤがあり美しいものですが、時間が経つにつれてつやが落ちてきます。

ツヤが落ちたぐらいではすぐに外壁塗装の時期とは言えませんが、ツヤの落ちが目立つようになってきたら、外壁塗装の時期が近づいているサインと思ってよいでしょう。

色の鮮やかさが落ちる

外壁の色が落ち、変色してくるようになると、外壁塗装の時期のサインのひとつです。単純に壁自体が汚れてきた、色味が変わってきたと感じたら、塗り替えのサインかもしれません。

普段外壁のメンテナンスに高圧洗浄機などを利用している方は多いのですが、そういったものを使っても、外壁塗装の時期や季節に差し掛かっていると、なかなかうまく汚れが落ちてきません。
変色や色の鮮やかさが落ち始めた場合には、外壁塗装の時期や季節と考えることができます。

チョーキング現象が起きる

外壁塗装の時期や季節を見極める上で、チョーキング現象は、かなり目に見える大切なサインのひとつといえます。

チョーキング現象とは、外壁を触った際に、チョークの粉のような白いサラサラとした細かい粉が手につく状態のことです。
紫外線や雨風にさらされ、塗装の塗膜の表面が劣化すると、このチョーキング現象が起きやすくなります。

このチョーキング現象は、ひび割れやカビの原因に繋がっていくため、できるだけ早くこのサインに気づくことで、外壁塗装の時期や季節を逃さない助けになります。

ひび割れやコケ

外壁塗装、おすすめの時期・季節
ひび割れやコケは、外壁塗装の時期や季節が来ている完全なサインです。どんどん劣化がこの状況から進行してしまいます。

ひび割れやコケなどは、外壁が劣化している証なので、構造自体にダメージを与え、建物の寿命をこれ以上短くさせないためにも、早急に手を打つことが必要です。

塗膜がはがれる

塗膜が剥がれている状態になると、外壁の素材そのものが外の外部環境に直接さらされている状態です。

建物自体の劣化にもすぐにつながってくる重症ですので、塗り替えるために早く手を打つ必要があります。
外壁塗装の時期は、通常塗膜が剥がれる時期よりも早く来るべきですが、もしそれを発見した場合にはできるだけ早く外壁塗装を行いましょう。

素材が腐食してしまうと、様々な下地処理などが必要になり、費用がかさんでしまうからです。

外壁塗装をするなら季節はいつがいい?

外壁塗装、おすすめの時期・季節
外壁塗装の時期を見極める方法について、これまで考えてきました。では、外壁塗装を実際に行うなら、どんな季節が優れているのでしょうか?
一般的に、やはり外壁塗装に適した季節というものが存在します。しかし、どの季節にもメリットやデメリットがあるため、外壁塗装に適した季節を知ることは大切です。

外壁塗装に適さない季節の条件とは?

そもそも、外壁塗装に適さない気候の条件とは、あるのでしょうか?外壁塗料は、気温が5度以下、湿度が85%以上になると乾燥しづらいと言われています。

ですから、湿度が高くなりやすい雨の日、気温が低い冬の寒い日などは、外壁塗装工事に向かない季節の条件と言われています。
このような外壁塗装に適さない季節に、無理やり外壁塗装工事を行ってしまうと、雨水が混ざったり、乾燥に時間がかかりすぎるため仕上がりが悪くなります。

乾かないうちに重ね塗りをすることで、きちんと塗料が壁に密着しないまま、次々に上に重ねていくことになり、剥がれやすい仕上がりになる場合もあるのです。
それで、塗料をきちんと美しく塗るために、外壁塗装の仕上がりを良くするために、気温と湿度など、気候条件がぴったりの季節に外壁塗装を行うことは大切です。

それぞれの季節のメリット・デメリット

春は、比較的外壁塗装に適した時期です。空気が乾燥しているので塗料が乾きやすく、外壁塗装にかかる工期も、短くできる傾向があります。
さらに、気温もそれほど高くないため、職人さんが作業しやすいだけではなく、窓を開けられない状態も、それほど苦にならないかもしれません。

デメリットとしては、塗装業者全体として、かなり宣伝をしています。
そのため、選択肢が多すぎて分かりにくい、何を選べば良いかわからない、また対応において不備が生じやすいといったことをあげられます。

春は、家庭菜園やお花の手入れが好きな方にとっては、良い季節です。人の出入りや足場の組み方などによっては、家庭菜園やガーデニングなどが邪魔されてしまうこともあるでしょう。

梅雨

梅雨の季節は、外壁塗装には向いていない時期と思われがちなのですが、実は雨が降っていない時に、適切な湿度を守りながら作業を行えば、特に問題ありません。

優良な業者であれば、梅雨の季節に外壁塗装を依頼しても問題なく、仕上げてくれます。ただ、雨や湿度の関係で作業できない日も増え、工期自体が伸びてしまう可能性もあるでしょう。

夏は、外壁塗装を行う職人さんにとって最も良い季節と言えるでしょう。気温が高く湿度も少ないため、塗料の乾きは早く、作業は早く仕上げやすいので、順調に作業が進みやすい季節と言えます。
また、気温が高いことで、外壁塗装に使う塗料の伸びもよくなるため、作業しやすく、ムラがでる可能性も減ると言えます。

しかし、デメリットとしては外壁塗装の作業をしている間、窓が開けられないこともあげられます。室内の気温が高くなっても窓が開けられないため、エアコンなどを常に使用する必要があるでしょう。

また、外壁塗装と合わせて屋根を塗装するという場合には、気温が高すぎて登れない場合があり、早朝や夕方に作業しなければならないという季節柄のデメリットもあります。

秋は、外壁塗装業者が最も忙しい時期と言われています。空気が乾燥しているため、塗料が乾きやすく、順調に作業を進めることができます。

さらに、雨漏りなどにも気づきやすい季節ですので、家全体のメンテナンスを行うのに向いている時期です。

しかし、デメリットとしては秋は台風シーズンですので、工期が延びてしまう可能性も少なくありません。
そして、日照時間も短く、1日の作業時間が限られているので、工期全体が伸びてしまう可能性があります。

冬は、外壁塗装の季節として、窓を閉め切っていても問題なく過ごせるというのがメリットです。
また、この季節には外壁塗装を依頼するお客さんが少なくなるため、安く仕上げてもらえる可能性があります。

しかし、やはりデメリットも大きいものです。冬という寒い季節柄、気温が5度以下になると施工できません。
さらに、積雪がある地域では、足場も不安定になり、施工自体が難しくなります。
乾燥に時間がかかること、結露、日照時間が短いことなども含め、作業時間が限られているため、工期自体がかなり長くなってしまう可能性があるでしょう。

ベストな季節は結局ないの?

外壁塗装、おすすめの時期・季節
外壁塗装の時期や季節ごとに、それぞれメリットもあればデメリットもありました。結局のところ、ベストな季節はないのでしょうか?

気温や湿度だけを考えると、やはり外壁塗装に最も適している季節は、春や秋とされています。
しかし、どの時期に行ったとしても、自然相手の作業なので、気候条件のデメリットがゼロになることはありません。

春や秋にもデメリットがある?

外壁塗装の時期や季節として適している、春や秋にも、実はデメリットがあります。特に、春や秋は、台風や前線の影響を受けることも多く、天気予報が当たりにくい時期になるのです。
それで、完全に安心して外壁塗装の時期に最高!という季節はないと言ってよいでしょう。住んでいる地域によっても、様々な気象状況は異なります。

例えば、冬に降雪量が多く気温が低いという地域であれば、夏であっても外壁塗装に向いている季節となるからです。

季節によって工賃にも違いが

どの季節に行ってもデメリットがあるのであれば、費用をカットできる季節に外壁塗装をしたらよいのでは?と思った方もいるでしょう。
その方法も、もちろん有効です。業者に外壁塗装を依頼する人が減る梅雨の時期であれば、提示価格が安くなり、外壁塗装を低コストで済ませられるかもしれません。

まとめ

いかがだったでしょうか?外壁塗装の時期を見逃さないことは、家全体の劣化を防ぐために欠かせません。

ライフステージの変化や塗装業者の繁忙期、前回使った塗料のグレードなどによっても、外壁塗装の時期が変化します。
外壁塗装の時期を見逃さずに依頼するだけではなく、季節によっても仕上がりや値段に変化が出ることも分かりました。

外壁塗装を検討しているものの、ぴったりの時期や季節がわからなかったという方は、ぜひ参考にして、どんな仕上がりにしたいのか、
どんな料金プランにしたいのか?などを、後悔のない外壁塗装ができるように、よく検討しましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -