外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

外壁塗装にかかる費用相場って?クリアコートは安いの?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

外壁リフォームだけではなく、外壁を綺麗に整えることは、家の寿命を伸ばすためにも欠かせません。今回この記事では、方法別に相場をご紹介し、少し安上がりと噂のクリアコートという方法についても、ご紹介しています。

外壁塗装業者に、外壁塗装工事を依頼しようと思っているものの、相場も分からず困っている、安く仕上げたいという方は、是非参考にしてみてください。
この記事がお役に立てれば、嬉しく思います。

外壁塗装は相場がわからない?

やはり、外壁塗装と言うと相場がいまいちわからず、見積もりを出されても、安いのか高いのかすらわからないと思う方も少なくないでしょう。
外壁塗装の費用相場を知っておくと、初めて外壁塗装を依頼するという方でも、お金の心配を少し減らすことができます。

実は、外壁塗装の料金は相場を知らない人が多いため、普通よりも高い価格を提示されたり法外な値段を請求されることが実際ありえるのです。
ですから、相場を把握しておくことで、大きなお金を使わなっておこなうメンテナンスを成功させることができるんです。

一般的な一軒家なら60万円前後

最も一般的な例えとして使われるのが、約30坪の建物の場合です。これが、一戸建て住宅の一般的な大きさとされています。

30坪の建物を外壁塗装する場合の費用相場は、60万円から65万円程度です。
面積が、大きくなればなるほど相場も上がるため、例えば60坪の大きさの家であれば、125万円以上程度が相場となっています。

初めて外壁塗装しようという方は、まずイメージをつかむために、平均金額はどれくらいのものか知っておくことが大切です。

そもそも、ケースバイケース?

平均的な外壁塗装工事の費用、目安となる相場は存在しますが。その後のメンテナンスの方針建物の劣化具合によっては、やはり相場とは異なってくる場合もあります。

その相場に加えて、外壁塗装費用が妥当なのかどうかを知るために必要なのが、塗装にかかる塗料や道具、作業といったそれぞれに必要な費用の単価です。
もし、単価を知っていれば、外壁面積×それらの単価を計算していけば、ある程度を妥当な金額かどうかということが分かってきます。その中でも、主だったものをいくつか、ご紹介します。

1 足場

外壁塗装工事に欠かせないのは、足場です。安全に作業し、仕上がりを良くするためにも、しっかりとした足場が欠かせません。

外壁塗装工事の足場の相場は、1平方メートルあたりの単価500円から1000円程度となっています。差が大きいように感じるかもしれませんが、
枠組み足場、単管ブラケット足場といった比較的高価な足場から、丸太足場といったシンプルな安価な足場も存在するので、単価が異なってくるわけです。

2 洗浄

外壁塗装工事をする前に行うのが、壁の洗浄です。通常の高圧洗浄であれば、200円から500円、トルネード洗浄や薬剤を使ってもらうとなれば、少し高くなり1000円程度にもなります。

3 下塗り

外壁塗装工事では、一般的に塗料を3回程度重ねて塗っていきます。その一回目に使う塗料の事を、下塗り塗料と言います。

壁の種類や傷み具合に応じて、ハケやスプレーガンと言った道具も使い分けていきます。一般的によく使われているシーラーというものは、単価相場が600円から900円程度、
微弾性フィラーというものは、少し高く900円から1200円となっています。下塗りをすることで、その上に塗る塗料を密着させたり、ムラを抑えるといった効果があります。

相場が安いのはクリアコート?

クリアコート,外壁塗装,相場ここまで見てきて、意外と外壁塗装には費用がかかりそうだ、相場が思ったよりも高かった…という方もおられるかもしれません。可能であれば少しでも値段を抑えながら、
高い仕上がりを望んでいるという方がほとんどだと思います。

そこで、外壁塗装の相場が安いのはクリアコートだという情報をインターネットなどで見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、クリアコートが相場が安いというのは、本当なのでしょうか?クリアコートとは、そもそも何なのでしょうか?

そもそも、クリアコートってどんな方法?

では、そもそも相場が安いと噂のクリアコートとは、どのような方法なのでしょうか?

簡単に言うと、透明な塗料を使って外壁塗装を行うことです。

素地、つまり下地が透けて見えるような色もなく、透明な塗料を使って塗装していきます。色がついてはいかないので、素材の質感や木の木目なども生かすことができます。
それで、艶出しをしたり、外壁の保護をするといった目的で使用されますが、建てた時の外壁、デザインや色を邪魔せずに外壁塗装メンテナンスができるため、人気の方法の一つです。

クリアコートではなく、通常の色をつけるタイプの塗装であれば、外壁の元のデザインを重ねて他の色や同じような色で塗装していきますが、完全に同じにすることは、ほとんど不可能と言えます。

それで、気に入った外壁のデザインを持っている方は、外壁塗装工事の際にクリアコートを検討する方が多いでしょう。

クリアコートはなぜ安くなりやすい?

そもそも、なぜクリアコートは相場価格が安くなりやすいと言われているのでしょうか?それは、クリアコートを使って外壁塗装工事をする際の工程に秘密があります。

塗る回数が一度少ないから

一般的に、クリアコートを使った外壁塗装は下塗りをせずに、そのままクリアコートを塗っていきます。
先ほど単価毎の相場価格を取り上げた部分でもご紹介しましたが、下塗りというものにも、単価がかかってきます。

それで、下塗りが必要ないクリアコートを使った外壁塗装は、人件費や塗料の費用が一回分減るため、相場が全体として安くなりやすいと言われているんです。

通常のクリアコート以外の色を付けていくタイプの外壁塗装は、下塗りをした後に上塗りを2回以上繰り返していきます。
しかし、クリア塗装ではクリア塗料では、下塗りをせず、その1回分の費用が抑えられるというわけです。

クリアコートをおすすめするケース

では、比較的相場が安く、外壁塗装工事を安価に仕上げられるクリアコート。どんな場合でも、その方法を使うことができるのでしょうか?

いいえ、そうではありません。クリアコートおすすめするケースと、そうではないケースが存在するんです。

チョーキング現象が起きている外壁

チョーキング現象という言葉を、お聞きになったことがありますか?チョーキング現象というのは、外壁の表面にある膜が劣化し、手で触ると、チョークのような白い粉が手につく現象のことです。

壁を触った時に手が白くなったことがあるという場合、その壁がチョーキング現象が起きていると言えるでしょう。

それで、このチョーキング現象が起きている外壁をクリアコートしてしまうと、チョークの粉のような外壁の表面の膜が、塗装を白くボケさせてしまうんです。
それで、基本的にチョーキング現象が起きている外壁には、相場の安いクリアコートがお勧めできません。
どうしてもクリアコートをしたいという場合には、一度通常の塗装を行ってからクリア塗装を行うことができますが、結局、工事の工程が増えて相場が安いクリアコートのメリットは発揮できません。

コーキング

コーキングというのは、外壁のボードのつなぎ目に入っているゴムのような部分です。このコーキングの上に、クリアコートを使うことはできません。
塗膜が汚れたり、剥がれやすくなる原因となるからです。このコーキングには養生して、クリアコートをつけないように施工していく必要があります。

そもそも使えない種類がある

外壁の状態に関係なく、そもそもクリアコートが使えない素材があります。フッ素や無機などでコーティングされている壁の種類です。

これらの外壁は、日光が強く当たってもチョーキング現象などが起きにくいという特徴があります。反対に、クリアコートをつけてしまうと劣化させてしまう可能性があるため、おすすめできません。

クリアコートにもグレードがある

クリアコートは、使えない一部の壁を除き、非常に優れた外壁塗装工事の方法の一つです。

クリアコートの一番のメリットは、今ある外壁のデザインや色をそのまま残して、メンテナンスができるということでしょう。
じっくりと時間をかけて丁寧に選んだ外壁のデザインを、一度で一気に塗りつぶしてしまいたくないという方は、やはり多いと思います。
そんな方には、クリアコートを使って、デザインを維持するのがおすすめです。

全体的にクリアコートを使った外壁塗装は、塗る手間が一回少ないため、相場は全体的に安くなっています。

しかし、クリアコートの中には、塗料に様々なグレードがあり、単価も異なってくるんです。様々な種類ごとに相場単価が違うだけではなく、特徴や耐久年数も異なります。

グレード別の特徴や相場の違いとは?

まず、最も安く済むクリアコートは、アクリル塗料という種類のものです。1平方メートルあたり1000円から2000円が相場となっています。

また、ウレタン塗料やシリコン塗料といった真ん中のグレードのものは、1500円から3500円程度、そしてさらにグレードの高いフッ素塗料や無機塗料といったものは、3000円から5000円程度が
一般的な価格相場となっています。シリコン塗料で約10年ほど、フッ素塗料や無機塗料を使えば、13年から15年の耐用年数があるとされています。大体の目安として、参考になるでしょう。

相場より高い、安い場合に考えたいポイント

クリアコート,外壁塗装,相場あまりにも、相場より安い見積もりを出された場合、ちょっと不安になりませんか?安いのは嬉しいけど、本当に大丈夫と思ったとき、考えてみたいポイントとはなんでしょうか?

手抜き工事をする業者ではないか?

アパートの外壁塗装の費用を相場と比較し、検討するのはとても大切です。しかし、費用面だけを意識しすぎると、大失敗してしまう、なんてことも考えられます。
どんな風に手抜き工事をされてしまう可能性があるのでしょうか?

1 基礎の補強をしない

これは致命的な手抜き工事です。下地の補修を省いて作業するため、仕上がりにも影響があり、耐用年数ももちろん短くなります。

2 洗浄・下塗りをしない

洗浄・下塗りをしないで外壁塗装をすると、表面が整っていないまま、色を上につけていくだけの仕上がりになります。
クリアコートの場合、無色透明ですから、汚れが引き伸ばされる形になり、ムラになりやすく、仕上がりも中途半端です。

3 安い塗料・古い塗料を混ぜる

意外と多い手抜きがこの方法です。グレードの良い塗料を選んだのに相場よりもかなり安い場合には、こちらに注意が必要となります。
塗料の開封日を確認するなどして、対策を行えます。やはり、古い塗料を混ぜれば、その時の仕上がりは普通に見えても、耐用年数が短くなり、後々その影響が出てくるわけです。

4 塗る回数が少ない

塗る回数を実は減らして、手抜き工事を行う業者があります。ただでさえ、塗る回数が少なくてすむクリアコートを使ってそんなことをする業者もあるんです。
相場より安くても、そんな仕事をされては意味がありません。

見積もりの確認はしっかり

こういった悪徳業者に騙されないためにも、見積もりの内容をきちんと確認しましょう。
ざっくりとした見積もり、”一式“といった言葉を多く使った具体性に欠けた見積もりの信頼度は決して高くありません。

残念ながら、そのような業者には、相場より安くても依頼しない方が賢いと言えるでしょう。
相場を知ることはもちろん、見積もりの見方を知っておき、確認したいポイントをおさえることが必要です。

まとめ

いかがだったでしょうか?

外壁塗装工事と一言で言っても、様々なグレードや工程の違いにより相場にも差が生まれることがわかりました。

相場の安いクリアコートも参考にしつつ、ぜひ、ご自分のプランにあった選択をしてください。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です