外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

外壁塗装の『関西ペイント』について-塗料性能や耐用年数-

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ここでは日本の大手塗料メーカー『関西ペイント』が販売している外壁塗装用塗料の性能や耐用年数についてまとめています。
また、関西ペイントの塗料を使用して外壁塗装や外壁リフォームを行った人の口コミや評判も紹介しているので、興味のある人はぜひ参考にしてみてください。

外壁塗装の『関西ペイント』について

外壁塗装の関西ペイントとは?

関西ペイントは日本ペイント・エスケー化研と並んで日本3大塗料メーカーと呼ばれる大手塗料メーカーで、流通している塗料の約9割のシェアをこの3社が占めていると言われています。

1918年に設立、創業され創業100周年を迎えた老舗塗料メーカーで業界内では「カンペ」と略称で呼ばれることも。「顧客に満足される製品およびサービスを提供することによって社会に貢献する」ということをモットーに長年にわたって安全と環境に配慮した塗料開発に従事しています。建築用塗料をはじめ、自動車用塗料や船舶用塗料、工業用塗料など各種塗料の開発・製造・販売を行い、その他にもバイオ関連製品や電子材料関連製品の製造・販売、配色設計なども行っています。

遮熱塗料の「アレスクールシリーズ」や遮熱断熱工法の上塗り塗料「アレスクールプラスウォール」、消臭・抗菌・温度調整機能を持つ漆喰塗料「アレスシックイ」、遮熱塗料の「アレス・アンチモスQ」など高機能塗料も多く、国内だけでなく海外市場においても注目を集めています。

外壁塗装の関西ペイントの特徴

外壁塗装,耐用年数,関西
戸建て住宅の外壁塗装用塗料だけでなく、ビルやマンションなど高層建築用の塗料も数多く扱っています。そのため大規模修繕やビル・マンションの外壁塗装や外壁リフォームに従事している塗装業者からの信頼は特に高く、よく選ばれています。

関西ペイントの特色として地球規模で見る環境保全を考慮した外壁塗装用塗料の研究開発を徹底し、常に新しいものを生み出すための前進を続けようとする企業です。

最近では「屋根から始める地球温暖化対策」として、屋根に塗ることでエコ&省エネにつながる屋根用高日射反射率塗料『アレスクール』などに注目が集まっています。

外壁塗装や外壁リフォームを行う塗装業者からの信頼も厚く、変色の少なさや耐用年数の長さ、謳われている機能がしっかりと発揮されること、また新商品への開発力などで関西ペイントは高い評価を受けています。

関西ペイントの塗料<性能や耐用年数>

コスモシリコン(耐用年数8~10年前後)

コスモシリコンは、耐久性、耐汚染性優れている水性アクリルシリコン系塗料。地球環境に配慮された一液性水性塗料となっています。また、耐用年数が長いため塗り替えの回数も少なく済み、コストパフォーマンスの観点からも優れた塗料として人気を集めています。耐候性が非常に高く、防カビ機能と防藻機能を持ち乾燥性に優れています。臭気やホルムアルデヒド放散量も少なく、刷毛塗りの作業性も良好。下地や旧塗膜に対する適用幅が広いのも特徴的で内外どこでも使用できる汎用性があります。

セラMシリコン(耐用年数10~12年)

2液弱溶剤形アクリルシリコン樹脂塗料。耐候性・耐汚染性に優れており、コンクリートやモルタル、サイディングボード、鉄部など幅広い素材に塗布出来る上、油性塗料ながら内外問わず塗装が可能となっています。光沢感がある仕上がりが特徴で、親水性も高いので外壁塗装に使用すると汚れがつきにくいとされています。

セラMフッソ(耐用年数12~15年)

弱溶剤2液型のセラミックフッ素塗料。耐久性に優れ、高耐候性、超低汚染性で低臭のため内外装の塗装に使用可能。防カビ・防藻性能もあります。

アレスダイナミックトップ(耐用年数15年程度)

日本ペイント、エスケー化研のラジカル制御型塗料を追う形で発売された関西ペイントの水性タイプのラジカル塗料。樹脂にはシリコンが使用されています。他のラジカル塗料と同様に、シリコン塗料より数万円高いだけで耐用年数がフッ素よりほんの少し短くなる程度でフッ素塗料に引けを取らない性能を持つと言ってもいいでしょう。この塗料の最大の特徴は、強化剤を入れることで多少の雨など湿度の高いところでも塗装作業が出来ることです。

アレスアクアシリコンACⅡ(耐用年数12~15年)

水性アクリルシリコン塗料。紫外線防御剤が配合されているので高耐候で色あせにくい特徴を持ち、高光沢で艶のレベルも4種類から選ぶことが出来ます。防カビ性・防藻性があり、低汚染機能も持っています。

アレスアクアセラフッソ(耐用年数15程度)

水性2液型フッ素塗料。高い耐候性と耐汚染性を持ち、耐久性にも優れています。マイクロカプセル技術を用いて水性親水化に成功したことで外壁リフォームに使用することで汚れが付きにくい外壁へと整えることが出来ます。水性のため臭気が少なく内外装どちらの使用も可能です。

アクアヤネフッソ(耐用年数15年程度)

<屋根用>窯業系屋根材塗り替え用の塗料水性1液型フッ素塗料。耐候性に優れており、防カビ・防藻性を持っています。はけ・ローラー・エアレス塗りが可能で光沢のいい均一な塗面を得ることが出来ます。

関西ペイントの口コミや評判について

外壁塗装,耐用年数,関西

戸建て住宅外壁塗装/フッ素系塗料使用

外壁塗装が必要な時期が来て、いくつかの塗装業者に見積もりをお願いし、長い目で見て無駄のない外壁リフォームが出来るようにと考えてお願いしました。塗料には関西ペイントのフッ素系塗料をすすめられ、やや高いかと思いましたが耐久性が高いことや次の塗装時期を遅らせることが出来るということを考えてコスパは悪くないと判断して選びました。工事から3年程経ちましたが、まだまだとてもきれいで以前のものよりも汚れやコケがつきにくいように感じます。

集合住宅外壁塗装/シリコン系塗料使用

所有しているアパートの外壁にコケやカビのようなものが目立ってき塗装時期だと判断しました。以前と同じで関西ペイントさんのシリコン系塗料を使用することにしましたが、とてもきれいに仕上がりましたしにおいも少なく入居者からも不満の声は上がりませんでした。次の外壁塗装時期が来る頃にはさらにコストパフォーマンスの高い塗料が開発されていることを期待します!

外壁塗装の関西ペイントに関するまとめ

国内で扱われる塗料の約9割のシェアを持つ関西ペイントや日本ペイント、エスケー化研という日本3大塗料メーカー。開発・販売している塗料はその性能の高さ耐用年数の長さなどで、外壁塗装を行う塗装業者や実際に住宅への外壁塗装工事を依頼した住人から厚い信頼を得ています。

もちろん関西ペイントなどの他にもさまざまな塗料メーカーがあり、小規模ながらも優れた意匠性や性能を持つ塗料を扱っている場合もあります。しかし、歴史の浅いベンチャー系の塗料メーカーなどの中にはその品質や性能、耐用年数に疑問を持たざるを得ないような塗料を扱っているところがあるのも否めません。

外壁塗装や外壁リフォームに関する知識が全くなく、それらが必要な時期が来てもどのような塗料を選べばいいのかわからない、塗装業者がすすめてくる塗料で本当にいいのかわからないなどという場合は、やはり関西ペイントや日本ペイント、エスケー化研などの外壁塗装用塗料を選択すれば後悔は少ないでしょう。

大切な我が家の外壁塗装や外壁リフォームを納得のいくものにするためには、塗装業者などにすべてを任せるのではなく自分自身でもある程度知識を身につけて、外壁塗装が必要な時期の見極めや塗料の大まかな取捨選択を行うことが出来るようにしておくと安心だと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です