外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

外壁塗装のセラミック塗料は耐用年数が長いって本当?特徴は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

外壁塗装や外壁リフォームのセールスなどでおすすめされることが多いという「セラミック塗料」ですが、どのような特徴があり、どのような点に気をつけて選べばいいのでしょうか?
ここではあまり知られていないセラミック塗料の特徴や耐用年数、外壁塗装費用などについてまとめていますので興味のある人はぜひご覧ください。

外壁塗装のセラミック塗料について

外壁塗装のセラミック塗料とは?

外壁塗装や外壁リフォームの多くでは耐用年数が比較的長くコストがかかりすぎないシリコン系塗料や高機能で耐用年数も長い社断熱系塗料、リーズナブルなアクリル系塗料などが選ばれることが多いようですが、最近では「セラミック塗料」をすすめる塗装業者も増えてきています。

特に外壁リフォームが必要な時期くらいになると訪問販売などで「セラミック塗料は耐用年数が長くお得」などという売り文句で契約を取り付けようとするセールスマンも多いようですが、これには少し注意が必要です。

そもそも、厳密に言うとセラミック100%のセラミック塗料というものは存在しません。砂や石、ビーズやパウダー状のセラミック粒子が配合された「セラミック配合塗料」「セラミック系塗料」と呼ぶ方が正しく、その種類もさまざまで耐用年数もそれぞれの塗料によって異なってきます。シリコン系塗料やフッ素系塗料にセラミックが混ぜられてるため、セラミックが配合されているからといって必ずしも耐用年数が高いというわけではないので注意しましょう

セラミック系塗料というのは、耐用年数などの目安となる塗料のグレード(アクリル・シリコン・ウレタン・フッ素など)とは関係がなく、ベースとなる塗料のグレードに左右されるため「セラミックが配合されているから20年もつ」などというセールストークは鵜呑みにしないように気をつけてくださいね。

外壁塗装で使用するセラミック系塗料の特徴

セラミック,外壁塗装,耐用年数砂や石、セラミックビーズなどが配合れているセラミック系塗料は、その配合量が十分であればとても耐久性に優れ耐用年数も長い塗料となる傾向にあります。セラミックの成分によって親水性が高まり、外壁に汚れがつきにくくなり汚れがついても水などで簡単に落ちやすくなるとも言われてます。

ただし、セラミック系塗料はベンチャー企業のOEM製品から、日本ペイントや関西ペイント、エスケー化研など日本3大塗料メーカーなど非常の多くの塗料メーカーから多数販売されており、その種類によって意匠性、機能、効果、耐用年数なども異なるためセラミック系塗料を選ぶ際はしっかりとその内容を見極めるようにしましょう。

天然石調の仕上がりになるセラミック系塗料

山本窯業の『カラーセラミックスシリーズ』など天然石調微粒子を配合した塗料を外壁塗装に使用すると天然石のような立体感のある仕上がりになります。山本窯業以外にもエスケー化研や日本ペイント、関西ペイント、菊水化学工業、アペティーなどからも石材調仕上げのセラミック系塗料は販売されています。

天然石調セラミック系塗料は意匠性が高く、本物の天然石と違い軽く建物への負荷が少ないため人気がありますが、外壁塗装の工程が多くその作業費用も高くなる傾向にあります。他のセラミック系塗料と比較しても作業費用が2~3倍になることもあるため、見積もりの際にしっかりと確認して検討するようにしましょう。

断熱効果のあるセラミック系塗料

日進産業の『ガイナ』という塗料は非常に人気があり、ガイナを専門に扱う塗装業者もいるほど。ガイナは断熱・遮熱効果があるセラミック系塗料で屋根を含む外壁塗装や外壁リフォームに使用すると室内の暑さや寒さを軽減し快適な空間づくりに役立つとされています。耐用年数も比較的長く、防音効果消臭効果などさまざまな機能を持つ優れた塗料だとされています。

またガイナ以外にも断熱・遮熱効果を持つセラミック系塗料はあり、日本中央研究所の『アドグリーンコート』などがそれにあたります。ただし、ガイナなどの高機能セラミック系塗料を外壁塗装に使用しても、その下地調整や下処理をしっかりと行わないとその機能が十分に発揮されないのでガイナの施工になれている塗装業者を選ぶことが大切です。実際に外壁塗装が必要な時期を見越して、焦らずに選べるように事前に下調べをしておくといいでしょう。

低汚染性の高いセラミック系塗料

関西ペイントの『アレスセラレタン』やエスケー化研の『水性セラミシリコン』などのように特殊セラミックビーズが配合されたセラミック系塗料はセラミック非配合の塗膜に比べて外壁に高い低汚染性をもたらすと考えられており、環境への配慮から外壁リフォームに使用する人もいるようです。これらのセラミック系塗料は親水性に優れて外壁そのものが汚れにくく耐用年数が長いのが特徴です。

セラミック系塗料の耐用年数、耐久性

外壁塗装や外壁リフォームが必要な時期になると、ハウスメーカーや塗装業者からのセールスなどを受けることが増えてくると思います。その際に「セラミック系塗料は耐用年数が長い」ということを聞く機会もあると思います。

しかし何度も言いますがセラミック系塗料だからといって一概に耐用年数が長いとは限りません。シリコンやフッ素などベースとなる樹脂のグレードにより耐用年数は変わってきますが、大手塗料メーカーが販売するセラミック系塗料などであればセラミック非配合タイプに比べると耐久性や耐用年数も長くなる傾向にあると考えられています。

セラミック系塗料のデメリットはある?

セラミック,外壁塗装,耐用年数
ほんの少しセラミックを混ぜただけでもセラミック系塗料と呼ぶことが出来てしまい、その耐久性を謳うあまり良心的でない塗装業者が存在するのも確かです。

ですがセラミック自体の耐久性は確かなもので、しっかりとセラミックが配合された塗料であれば比較的安価なアクリル系塗料だとしても耐用年数は長くなる傾向にあり、その耐久性もやや高まると考えられています。大手塗料メーカーのセラミック系塗料であれば耐久性なども十分期待出来ると思います。

外壁塗装や外壁リフォームが必要な時期になり、その際セラミック系塗料を選ぶのであれば、塗装業者などにすすめられるがまま依頼するのではなく、ある程度正しい知識を身につけておくことをおすすめします。また、そのセラミック系塗料の耐久性などに関するデータをを見せてもらったり納得がいくまで説明を受けるようにし、それらが省かれるようであれば契約自体を考え直した方がいいかもしれません。

外壁塗装のセラミック塗料に関するまとめ

外壁塗装や外壁リフォームが必要な時期には、ハウスメーカーや訪問販売をしてくる塗装業者を含めてさまざまなところから外壁塗装に関する情報が入ってくると思います。

セラミック系塗料についても、その品質や機能、耐用年数は本当にさまざまでピンキリと言ってしまってもいいでしょう。美観を高めるためや断熱性・快適性を高めるためなどセラミック系塗料を選ぶ理由もさまざまだと思います。その判断をして選択をすることが出来るようになるためには、自分自身で知識を持つことも大切です。

外壁材を守るために外壁塗装がすぐにでも必要だとされる時期になってしまってから塗料や費用について調べていると、つい焦ってしまって塗装業者に言われるがままの契約をしてしまい後悔する…などということを少なくありません。

外壁塗装について何もわからないまま依頼するのと、ある程度の知識を持った上で塗装業者の話を聞くのでは全く異なるため外壁塗装に関する基本的な知識についてはその時期が来る前にじっくり調べておいて頭に入れておくことをおすすめします。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です