外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

光触媒の外壁塗装の価格と相場について

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こちらでは光触媒の外壁塗装の価格と相場について紹介をしています。

光触媒の外壁塗装の価格と相場について興味がある方は
ご覧になって下さい。

光触媒の外壁塗装とは?

光触媒の外壁塗装の特徴とメリット

外壁塗装,価格相場,光触媒外壁塗装を考える際に、その塗料を選ぶというのは非常に
重要なポイントとなります。

もちろん外壁塗装の価格や料金、費用や相場などを考えるのも
とても重要な事ですが、塗料の特徴によって維持が楽に
なったり、メンテナンス回数を減らす事が可能です。

またきちんとした耐用年数が長いものを選ぶ事で、最終的な
コストを大幅にダウンさせて外壁リフォームを行う事が出来る
ようになります。

そして中でも最近注目を浴びているのが光触媒の外壁塗装と
なります。何故最近光触媒が人気になってきているのか、
その特徴を紹介していきましょう。

セルフクリーニング機能

セルフクリーニング機能が、光触媒の外壁塗装の特徴の
大きなポイントとなります。

外壁と言うのは常に汚れがつくもので、定期的に清掃を行わないと
どんどんと汚れていくだけになります。

しかし、光触媒の外壁塗装を行っておくと、太陽光の力で
掃除をする事が可能なのです。

太陽と雨を利用して、自分自身で壁をきれいにしていくのが
光触媒外壁塗装のセルフクリーニングとなり、白い外壁を
選んだお宅などにはとても人気となっています。

カビや藻に対する抑制力がある

光触媒塗料は、セルフクリーニング機能と同時に分解力にも
すぐれているのが特徴となります。カビや藻などは汚れが
より目立つ要因ですが、そういったものにも対応が可能です。

カビや藻を分解し、さらには抑制する効果がありますので、
雨が降らないときは定期的に水をかけてあげる事で、
自然と流れていく効果が得られます。

とても長い耐用年数

耐用年数がとても長いというのが光触媒の外壁塗装の
魅力の1つです。

費用や価格は相場より高いと感じる事も多い光触媒の
外壁リフォームになりますが、そ値段用や料金以上の耐用年数を
誇っています。

おおよそ20年程度の耐用年数を誇りますので、一般的な
外壁塗装の2倍程度長持ちをする事で、結果的にコストは
下げられると言えるのです。

エコ

光触媒の外壁塗装は、空気浄化機能も備えています。
その為、30坪分の塗装で、テニスコート4面程度の緑地と
同等の空気清浄効果が得られるそうです。

車12台分の二酸化炭素を除去する事が出来、温暖化などの
心配がされている現代社会において、大きな社会貢献が
出来る外壁塗装となります。

光触媒の外壁塗装を選ぶ際のデメリットと注意点

様々な特徴があり、魅力的な外壁塗装である光触媒ですが
選ぶ際にはいくつか注意をする必要があります。

訪問販売や悪徳業者に気を付ける

光触媒の外壁塗装は有効だけど高い、こういった認識が
広まりつつあり、そしてそれは間違いでもありません。

その為、こういった認識を利用し、より高く売りつけて
くるのが悪徳業者や訪問販売のリフォーム会社などに
なります。

きちんとした効果的な光触媒の外壁塗装業者が適正価格で
他の塗料よりも高いというのは当たり前ですが、訪問販売は
明らかに相場より高い値段、料金ます。

1平米あたり1万円以上などの価格を塗料だけで提案してきたりも
するようですので、訪問してきた業者だけで外壁塗装工事、
外壁塗装業者を決めないようにして下さい。

屋根の塗料がまだ販売されていない

実は大きなデメリットであり、注意するべき点が光触媒の
屋根の塗装がないという事にあります。そもそも光触媒は
塗料の為に作られた技術ではありません。

結果的に外壁塗装に利用をされているだけであり、すぐに
屋根の塗料にも、とはいかないようです。

その為、外壁塗装は20年もつけど、屋根は12年しかもたずに、
結局10年弱ごとにどこか塗り替えないといけない、という事に
なってしまいます。

実は外壁リフォームの為に足場を組むのにも費用はかかりますが、
その費用も決して安くはなく20万円〜程度の値段はかかると
されています。

その為、光触媒の外壁塗装を利用して、長期的な費用や価格を
抑えたとしても、足場を2回組む事でコストが余計にかかって
しまう、相場より高い値段になったと言うケースもあるようです。

立地が悪く光触媒の特色が発揮できない

光触媒の外壁塗装は、基本的に光が当たってこそその
特色が発揮されます。

セルフクリーニング機能、藻やカビを抑える機能や、エコの
機能など色々ありますが、太陽光があたってこそのものなのです。

その為、立地が悪く太陽光があたらない、また当たる時間が短い、
絶対にあたらない面積が多いなど、そう言った部分では光触媒の
外壁塗装は、費用、料金だけかかって意味がないと言う事になります。

セルフクリーニング機能も万能ではない

セルフクリーニング機能が決め手となって、光触媒の外壁塗装を
選んだという人も多いようです。しかし実はそのセルフクリーニングの
機能も万能ではありません。

日光があたらないと機能は発揮しないのは上でも述べましたが、
それ以外では、土、埃は落ちませんし、さびには効果がありません。

さらに、壁の中から発生してしまった汚れに対しても、当然
効果はありません。

塗るのが難しく、下地が悪いと影響がある

下地の状態がすでに悪い、また光触媒に対して耐用年数が
とても短いという風になると、耐用年数がいくら長くても
光触媒の効果だけでは長持ちしません。

また塗る際にも塗る側の技術が必要とする塗料もある為、
その場合はうまく塗装が出来ていないと効果が発揮
されません。

その為、せっかく高い価格、費用をだして光触媒の
外壁塗装工事をしてもメリットを得る事が出来なくなります。

また、塗り忘れが存在したり、また塗れない部分や、依頼
しなかった部分などがあった場合、そこだけ汚れ方の差が
出てきてしまいます。

そうなると、汚れが目立ったりしますので、仕上がりが悪い
印象となるでしょう。

白色がメイン

白色がメインとなるのが、光触媒のデメリットとも言える
部分になります。濃いめの色はほぼないと言えますので、
ブラウン系などを選びたい方にはお勧め出来ません。

しかし、日当たりが良く、白い壁のおうちには光触媒の
外壁塗装は価格に見合った効果を発揮してくれる事でしょう。

また、光触媒の外壁塗装はその性質上塗装した部分に艶が
出ない仕上がりとなっています。その為、好みによっては
満足がいかない仕上がりとなる可能性も出てきます。

コストが高い

光触媒の外壁塗装は一般的な外壁塗装に比べて少し
高くなります。単価はあたり4,200円〜5,200円程度となり、
他の外壁塗装に比べて高くなります。

ただ、他の外壁塗装の耐用年数が8年から13年程度のものが
多いのに対して、光触媒の外壁塗装は20年の耐用年数が
あります。

その為、その場の価格は高くても長期的にみるとコスパは
良いと言える外壁リフォーム塗料とは言えます。

光触媒の外壁塗装の種類や選び方ついて

光触媒の外壁塗装のメーカーについて

光触媒の外壁塗装は、現在5つのメーカーから塗料が
販売されています。

  • 日本特殊塗料:エヌティオ
  • ピアレックス:ピュアコート
  • ニュートラル:NU-COAT
  • SICコーティングス:アートファイン
  • OPTIMUS:外装用オプティマスホワイトペイント

このようなメーカーが、光触媒の外壁塗装の塗料を
現在販売しています。

以前は光触媒の外壁塗装として有名だったTOTOエクセラから
塗料が販売されており、様々な技術習得講座や、認定代理店
といったフォロー体制がありました。

が、2017年になってすでに製品の販売が停止になり、各種
フォロー体制も終了しています。

そしてもしすでに外壁塗装工事をする為に、情報収集を
行っていたらお分かりかもしれませんが、有名塗装メーカーは
現在のところ光触媒塗料を販売していません。

塗装メーカーでは、日本ペイント、エスケー化研、そして
関西ペイントと言う3つのメーカーが有名で信頼性が高いと
されていますが、このメーカーからは販売されていないのです。

その為、実際の所、どのメーカーのどの光触媒塗料が良いのかと
言うのは言いづらいというのが現在の光触媒外壁塗装の
実情となります。

何に注意をして光触媒塗料を選ぶべきか?

外壁塗装,価格相場,光触媒セラミック系の外壁塗装塗料で、断熱性などが欲しいなら
ガイナ、と言うように具体的にお勧めの塗料を選ぶ事が
出来ないのが現在の光触媒外壁塗装となります。

ではどのようにして、光触媒の外壁塗装を選んでいくべきかと
いうと、塗料に重点を置かずに外壁塗装業者に重点を置いて
選ぶ
のが良いと思います。

技術力が高く、誠実な対応をしてくれる外壁塗装業者を選び、
そこで光触媒外壁塗装工事について相談をするのがお勧めです。

きちんとした見積もりを出してくれる、また実際に調査をして
もらい現在の状態を見てもらう、光触媒に適しているかどうかを
見てもらうのが一番大事と言えるでしょう。

さいごに(光触媒の外壁塗装についてのまとめ)

光触媒の外壁塗装は、どうしてもセルフクリーニング機能等の
効果ばかりが取り上げられていますが、実際にはそこまで
万能ではありません。

さらに、下地の状態、立地などの条件によっては結局適して
いない、高い費用をかけたのに価格ほどの効果が得られないと
言うケースもあります。

その為、光触媒にこだわりすぎる事なく、堅実に選んで
いくようにしましょう。

  • 光触媒外壁塗装は万能ではない
  • あたりの値段は5,000円前後程度が目安で、1万円以上は悪徳業者の可能性あり
  • 下地、立地によっては他の外壁塗装がお勧め
  • 塗料の種類より、外壁塗装業者の信頼度で決めるのがお勧め
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です