外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

シリコンの外壁塗装の価格と相場について

 
この記事を書いている人 - WRITER -

こちらではシリコンの外壁塗装の価格や値段、そしてその相場について紹介をしています。

シリコンの外壁塗装の相場、価格、値段について興味が
ある方はごらんになって下さい。

シリコンの外壁塗装の特徴とは

シリコンの外壁塗装の特徴とメリットについて

外壁塗装,価格相場,シリコン塗料のメイン成分は樹脂になりますが、そのメイン成分の
合成樹脂がシリコン系の樹脂で出来ている塗料の事を
シリコン塗料といいます。

ケイ素を核とするシロキサン結合の無機化合物となり、
非常に安定している性質が特徴となる人工加工物です。

そんなシリコンの外壁塗装は、近年安定した人気を誇って
いる外壁塗装となっています。その理由はコストと品質の
バランスがとても良い
のがポイントとなるでしょう。

そんなシリコンの外壁塗装、外壁塗装の特徴や魅力を
紹介していきます。

c汚れが付きにくく紫外線に強い

シリコンの外壁塗装は親水性を備えている事などから、
排気ガスなど外部の油汚れが一体化する事がありません。

その為長期間建物の状態をきれいなまま維持する事が可能に
なる為、こまめの掃除は難しいものの見た目は気になると
いうような場合にお勧めです。

また熱にも強い点が耐用年数に繋がっていると言えます。

光沢保持率が良い

光沢保持率と言うのは、外壁塗装を行った後の状態をより
維持しやすいという事です。
その為、塗装後のきれいな状態を維持したい場合にはお勧めです。

ひび割れしづらい

全てのシリコンの外壁塗装に言える事ではないのですが、
一部の塗料においてはひび割れしづらいと言う特徴もあります。

シリコンの外壁塗装の注意点とデメリット

シリコンの外壁塗装は、とてもバランスの良い優れた外壁塗装と
なりますが、注意点もいくつかあります。

塗料の種類によって、デメリットがある

1液、2液タイプの2種類があり、それにはメリットも
ありますがデメリットもあります。

1液タイプは扱いやすい反面耐久性が低く、2液タイプは
耐久性が高いのですが、2つの液体を混ぜる事が必要となり
手間がかかり、混ぜた後保管が出来ないという点です。

2液タイプのシリコン外壁塗装の方がより優れてはいますが、
大手ハウスメーカーでは1液タイプの方を採用している事が
多いようです。

粘着力に劣り、重ね塗りにも向かない

粘着力に劣る、さらには密着性にも劣る事からあまり
重ね塗りには向いていません。その為質の良くない業者に
外壁塗装工事を任せると耐用年数が落ちる可能性があります。

100%シリコンの外壁塗装はありません

セラミックでも同じ事が言えましたが、100%シリコンの
外壁塗装と言うのはありません。その為、ウレタン、アクリルと
混ざったものとなります。

ですので、どの程度混ざっているかで、その本領が発揮出来るかが
決まってきますので、信頼性の高い業者、塗料を選ぶ事が重要と
なります。

シリコンの外壁塗装の費用や価格、相場について

シリコンの外壁塗装は本当にコスパが良い?

外壁塗装,価格相場,シリコンシリコンの外壁リフォームはコスパが良いというのが人気の理由
ですが、それでも一定の費用は必要となります。その為、
効果もある程度欲しい所と言えるでしょう。

ではどのようにコスパが良いのかと言うと、同じ広さの外壁塗装を
行った場合、シリコンの外壁塗装はウレタン外壁塗装よりも
少し安い価格で済みます。

それでいながら、耐用年数ははるかに長い年数になるのが
シリコンの外壁塗装の良さとなるのです。

こういった点から長期的な相場で見ると、ウレタンなどよりも
シリコンの方がコスパが良く、かかる費用が少ない、安い価格で
外壁塗装工事を行う事が出来る
と言われています。

ウレタン塗料

30坪あたり70万円で7年程度の耐用年数となっています。

シリコン塗料

30坪あたり90万円弱で12年程度の耐用年数となっています。

さいごに(シリコンの外壁塗装のまとめ)

シリコンの外壁塗装は、全ての塗料の中で1番にお勧めと
言う塗料と言うわけではありません。しかしすべてにおいて
平均点以上を出す塗料と言う事が出来ます。

一定の耐用年数を誇り、それに対して十分に安い費用、料金、
価格で外壁塗装工事を行う事が可能です。

また、汚れづらく、紫外線にも強く、光沢も保ちやすい為、
手間が比較的かからないで綺麗でおしゃれな雰囲気を
保ちやすいというのもお勧め外壁リフォームとなるポイントなのです。

ただ、注意点としては、シリコンがきちんと配合されている
塗料を使っているかどうか
、と言うのを確認しないと、
コスパが良い外壁塗装とはなりません。

その為、信頼できる外壁塗装業者にお願いをして、しっかりと
相場より安い料金、もしくは納得できる費用で外壁塗装工事を
行ってもらいましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 外壁塗装ガイド|外壁塗装の相場・費用・見積もりを徹底比較 , 2018 All Rights Reserved.