外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

名古屋市の外壁塗装費用や価格相場とその算出方法を知ろう!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ここでは名古屋市の戸建て住宅やアパートなどの集合住宅で外壁塗装工事を行う際の費用・価格相場やその内訳、算出方法などについてまとめて紹介しています。
外壁塗装の価格相場というとむずかしく捉えられてしまいがちですが、内容と適正価格をしっかりと理解しておけば後に後悔することのない満足いく外壁リフォームを行うことが出来ると思いますので、名古屋市で外壁塗装を検討している場合にはぜひ一度チェックしておいてくださいね。

名古屋市の外壁塗装価格・費用相場について

外壁塗装の費用や価格の相場を知るメリット

名古屋市で戸建て住宅やアパート・マンションなどを所有している場合には、やはり他の地域と同様に10年に1度を目安に外壁塗装工事を行う必要があるでしょう。

外壁塗装工事を検討している場合には、愛知県や名古屋市での平均価格や相場を知っておくことをおすすめします。外壁塗装工事は住宅を所有している人にとっては非常に身近なものでありながら、専門性の高い分野でもあることから依頼していてもその工事内容についてはよくわからないという人がほとんどなのではないでしょうか。

しかし外壁塗装工事というのは安くても数十万、高いと200万円近くの費用がかかるもの。住宅を維持するための必要経費とはいえ、気軽に契約が出来るようなものではないと思います。外壁工事を仕上がり、費用ともに納得の出来るものにするためには、外壁塗装に関する基本的な知識や全国また名古屋市での外壁塗装費用の相場についてある程度理解しておくことが大切なのです。

外壁塗装の費用相場はどうやって出されている?

名古屋市で外壁塗装を行う際にかかる費用は、外壁塗装に使用する塗料やその人件費、作業に必要な足場代、高圧洗浄や保護シートの設置費用、運搬交通費などが基本となり、外壁の状態に応じて補修工事費用などが加算されます。具体的に見積もりのその価格が記載されることはないと思いますが、全体の10~20%の価格が諸経費として上乗せされることもあり、これが塗装業者側の利益になることとなります。

以下の項目でそれぞれの費用の計算方法、算出方法についても紹介します。基本的な費用の計算方法を知っていることで、名古屋市で外壁塗装を行うために見積もりを出してもらった場合にも、それが適正な価格であるかということや適切な工事内容であるかということを多少なりとも判断出来るようになると思います。また、ある程度知識を持っているということ塗装業者側にもわかれば見積もりにおいてもしっかりと適正な価格で算出してもらえると思います。

名古屋市にも非常に多くの塗装業者やリフォーム会社があると思いますが、残念ながらそのすべてが良心的な会社であるとは限りません。だまされたり、余分な費用を取られてしまわないように外壁塗装費用の概要や計算方法についてもぜひ勉強しておきましょう。

外壁塗装費用の具体的な計算方法

外壁塗装にかかる費用というのは、外壁に塗布する塗料の種類やその使用量、塗布する外壁の面積や必要となる足場の面積、塗装面の補修工事内容などから成っています。

外壁塗装工事については、住宅の世帯主やアパートの管理者などの素人では理解がむずかしい部分も多いため、費用や価格についても塗装業者の言われるがまま契約してしまうということも少なくありません。

しかし、外壁塗装費用の主要部分となる塗料にかかる費用や塗装を行う外壁や足場の面積については、実は意外と簡単に計算しその価格を算出することが出来るので、興味のある方はぜひ
一度計算してみてください。

外壁面積と足場面積の計算法

<延坪×3.3(=1坪)×係数(一般的には1.2)=外壁の面積>

この計算式は外壁塗装を行う建物の外壁面積、つまり塗装面積を求めることが出来るものです。延坪に自宅や管理している建物の大きさを当てはめることで簡単に外壁面積を算出することが出来ます。ここで算出した外壁面積は、この後で解説する塗料の使用量や価格の算出に必要となる大事な要素なのでぜひ覚えておいてください。

ただしここで計算した外壁面積は、建物が真四角であると捉えた場合の面積であり、また窓やドアなどの開口部については考慮されていません。実際に見積もりを出す場合には、建物の形状や開口部の大きさなども考慮して計算するため、誤差が出ることがあると思いますので頭に入れておいてください。

また、ここで求められた外壁面積をもとにして足場面積についても算出することが出来ます。足場は外壁から少し離して設置するため、実際の建物よりもやや大きめに設定する必要があり一般的に<外壁面積×1.2>の計算式で足場面積が求められます。

使用する塗料の量の計算法

塗装に使用する塗料の量を算出するためには、まず使用する塗料を決めなくてはなりません。塗料にはアクリルやウレタン、シリコン、フッ素などさまざまな種類があり、その種類によって価格も大きく異なります。最もリーズナブルなアクリル塗料と耐用年数が長く機能性に優れたフッ素塗料では5倍以上の価格の差があることも。そのため使用する塗料の種類が外壁塗装費用全体を大きく左右すると考えられています。

そしてそれらの塗料にはそれぞれ1㎡当たりの塗布量が指定されており使用量として塗装メーカーのホームページや容器(一斗缶)に明記されています。

その使用量に上記の計算式で算出した建物の外壁面積を掛けることで外壁塗装に必要な塗料の量を算出することが出来ます。ただし、ここで出た使用量は外壁全体を1度塗ることの出来る量です。一般的に外壁塗装は3回塗りが推奨されているため、単純にこの3倍したものが実際の外壁塗装に必要な塗料の量ということになります。

この使用量をもとにそれぞれの塗料の単価と掛け合わせて塗料の価格を算出することが出来ます。ただし、一般に公開されている価格と塗装業者が仕入れる価格とでは差がある可能性が高いので、そこでも金額に差異があらわれるかもしれません。

愛知県の外壁塗装の価格・費用相場データ

全国での外壁塗装の平均費用が約40坪(140㎡)で約1,200,000円なのに対し、愛知県の外壁塗装の平均費用は1,220,000円というデータがあります。愛知県や名古屋市での外壁塗装の平均費用は全国平均と比較してみてもその相場に大きな差はなく、ほぼ平均的な価格だと言えるでしょう。

そもそも外壁塗装費用というのは、地域差があまりなく各地域の平均費用・相場を見比べてみても10万円程度の差しかありません。しかもそれは地域差というよりも、外壁塗装工事を行う各建物の大きさや使用する塗料の種類による差だと考えられています。

ただし、外壁塗装に使用する塗料には遮熱効果や断熱効果、防汚効果などそれぞれに特徴があるため、気候や周辺環境に合わせた塗料を選択するということも大切です。地域で外壁塗装費用に差があらわれるとすれば、周辺環境の違いが大きく影響すると考えられると思います。

名古屋市の外壁塗装の価格相場に関するまとめ

名古屋市で外壁塗装を検討している人に向けて、ここでは塗装費用の相場や適正価格の算出方法などをまとめて紹介しました。

もちろんここで紹介した計算法で外壁塗装費用や価格と名古屋市で実地調査をした上で出した見積もりとでは差異があらわれると思います。それでも大まかな外壁塗装費用を知ることで、相場に合った見積もりが行われているかということを判断することも出来ますし、費用の中で疑問に感じた部分についてきちんと説明を求めることも出来るようになると思います。

外壁塗装工事、特にその費用に関する漠然とした不安や心配を解消するためにも、外壁塗装工事の内容や名古屋市の価格相場を知ることはとても重要なことだと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です