外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

横浜市の外壁塗装費用・価格相場のデータとその計算方法

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ここでは、横浜市で戸建て住宅やアパートなどへの外壁塗装を検討している人に向けて、その価格の相場、費用の算出方法などをまとめて紹介しています。
外壁塗装についての基本的な知識や横浜市での相場を知っておくことは、本当に満足の出来る外壁塗装につながるので、外壁塗装を検討中の人はぜひ目を通しておいてくださいね。

横浜市の外壁塗装費用・価格相場について

外壁塗装の費用や価格相場を知る重要性

横浜市で外壁塗装を検討しているのであれば、全国や神奈川県、横浜市における外壁塗装費用の相場を知っておくといいでしょう。価格相場を知らなければ、見積もりを依頼した塗装業者や訪問セールスにやってきたリフォーム業者などから提示される金額や工事内容が適正なものなのかということすら判断することが出来ないからです。

一見とても安い価格提示があっても、本来必要な足場を組まずに危険な工事方法が選択されていたり、下塗りなどの処理がしっかりと行われない手抜き工事になってしまったり、後でトラブルとなってしまうようなこともあるので注意しましょう。

工事中や工事後のトラブルを防ぐためには、塗装業者が提示する見積もり価格が相場に合っているかということとともに外壁塗装の基礎知識をある程度身につけておくことも大切です。

また、横浜市内には多くの塗装業者やリフォーム会社があるため、どこに見積もりを依頼したらいいか迷ってしまうこともあると思いますが、インターネット上で一括見積もりを依頼することが出来るサイトや塗装業者の紹介・仲介を行ってくれるサイトも最近では増えてきているため、そういったところを頼ったり参考にするのもおすすめです。

外壁塗装にかかる費用相場の内容

横浜市で外壁塗装を行う際には、外壁を塗料で塗る作業以外にも多くの工程があります。そのため、外壁塗装費用の中にも、さまざまな項目がありそれらを全て合わせて見積もりが算出されます。

まず外壁塗装を行うためには足場を組み、近隣への配慮・安全管理のために養生や保護シートの設置が行われます。足場や養生だけでも30~40坪程度の平均的な戸建て住宅で15~20万円程度の費用がかかるとされています。横浜市の中でも足場を組まずに工事をするなどといって工事価格を引き下げる業者もいるようですが、これはあまりおすすめ出来る値引き方法ではありません。

足場は作業を行う職人さんや大切な自宅を守るためにも必要なものなのでここを省くことはあまり考えない方がいいでしょう。逆に足場なしの工事や足場代を無料にするなどという提案をしてくる塗装業者には少し気をつけた方がいいかもしれません。

そして一番重要なのが外壁塗装に使用する塗料です。塗料の種類や使用量でその価格は変わってきますが、下では使用する塗料の価格の計算方法も記載しているのでぜひ参考にしてください。

また、外壁塗装の費用には作業を行う職人さんの人件費や交通費、材料や機材の運搬費、廃材処理費用などがかかります。さらに当然のことながら塗装業者の利益も計上されるのでそこで各業者によって多少の差が出る部分だと思います。

外壁塗装費用の具体的な計算方法

上記したように外壁塗装にかかる費用は使用する塗料の種類や量、外壁の面積や足場の必要量、塗装工程や補修工事の内容によって算出されます。以下の外壁面積や塗料量の求め方を参考に、自宅の外壁塗装にかかるおおよその費用を計算しておくと、横浜市で見積もりを依頼した時の判断基準にもなるのでぜひチェックしてみてください。

外壁・足場面積の計算方法

外壁面積の計算式は以下の通りです。

【延坪×3.3(=1坪)×係数(一般的には1.2)=外壁の面積】

この計算式に自宅の坪数を当てはめると簡単に外壁面積が出ますが、このままの計算だと窓や玄関ドアなど開口部も含まれてしまうので実際の見積もり時にはしっかりと開口部を除いた面積を算出してもらうようにしましょう。

この外壁面積をもとに算出されるのが足場の面積です。足場は建物の外周に組み立てるため、外壁面積よりもやや大きめに設定する必要があり、外壁面積に1.2または1.3を掛けることでその面積が算出されます。

塗料の使用量の計算方法

外壁塗装に使用する塗料の量を計算するためには、まず使用する塗料を決める必要があります。塗料にはそれぞれ1㎡や1kg当たりの塗布量が決められておりそれが使用量として説明書や塗装メーカーのホームページなどに記載されています。

その使用量に自宅の外壁面積を掛けると外壁全体を塗るために必要な塗料の量が算出されますが、これは1度塗るだけの量となるため実際に外壁塗装の基本とされる3回塗りを行うにはこれを3倍する必要があります。

また、塗装業者の見積もりではここに塗装を行う職人の人件費が上乗せされて計算されていることもあるので、自分で算出した費用と大きな差異がある場合などには理由を尋ねてみてもいいでしょう。

外壁面積や足場面積、塗料の使用量などについて計算することが出来たので、実際に見積もりが出てきたらそれと照らし合わせて適切な計算が行われているか、相場に合っているかということを確認してみると安心だと思います。

ちなみに、外壁塗装にかかる費用は大まかに分けて足場代・塗料代・補修工事費・人件費・その他諸経費に分けられます。人件費や廃材処理代・材料運搬代などの諸経費はまとめて請求されてしまうことも多いので、相場から大きく外れている場合や価格に納得が出来ない場合はその内訳を聞いてみるようにしましょう。

神奈川県の外壁塗装費用・価格相場データ

神奈川県内での外壁塗装の平均価格は約1,100,000円(約40坪/135㎡)だとされています。その中の最小値は670,000円で最大値は2,036,988円。

他の都道府県や全国平均の外壁塗装費用と比較して、目立って差があるわけではなく全国平均に比べると約10万円程安いといったところです。

実際、外壁塗装の価格相場は都道府県による大きな差はなく、どちらかというと建物そのものの状態や塗料の種類の方が大きな影響を与えます。そのため豪雪地帯や日差しの強い地域、沿岸部など極端な気候や自然環境の影響を受けやすい場所でなければ地域による価格相場の差はほぼないと考えられます。

横浜市も海に面している地域はあるものの、外壁塗装の大きな影響を与えるほど極端な環境の地域は少ないので価格相場から大きく外れることは少ないと考えられます。

横浜市の外壁塗装の価格相場に関するまとめ

ここでは神奈川県の外壁塗装の平均費用や横浜市で塗装工事を行う上での価格相場の計算方法などについてまとめてきました。

外壁塗装というと“職人の仕事”といったイメージで、素人である依頼主には分かりにくい部分もあると思いますが、その費用の算出方法などはそれほどむずかしいものではありません。もちろんここで記載した計算方法はあくまで参考程度のものですが、これを知っているのと知らないのでは見積もりを確認する時などに大きな差が出てくるはずです。

外壁塗装費用というのは横浜市でも安いものではありませんから、費用の相場や工事内容を理解し、工事後に後悔しないよう疑問や心配についてしっかりと解消してから依頼出来るといいですね。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です