外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

川崎市の外壁塗装費用・価格相場や安く抑えるポイントを知る

 
この記事を書いている人 - WRITER -

戸建て住宅やアパート・マンションなどの集合住宅で、一定期間ごとに必要となる外壁塗装工事。
ここでは川崎市で外壁塗装にかかる価格の相場や費用を出来るだけ抑えて満足のいく工事をしてもらうための基本的な知識や知っておくべきポイントをまとめています。

川崎市の外壁塗装費用・価格相場について

まずは外壁塗装の費用・価格相場を知ろう

外壁塗装は基本的に10年1度を目安に行う必要があるとされており、その度におおよそ100万円前後の費用がかかると言われています。

それだけ高額な費用がかかる工事ですが、その工事内容や費用の相場、適正価格などを知らないという人も少なくないようで、実際に外壁塗装工事をしてから「後から調べたら川崎市の価格相場よりも高かった」などと後悔している声も聞かれます。

川崎市で戸建て住宅や集合住宅を所有している場合、平均的に10年に1度程度の外壁塗装やリフォームを行うことになると思います。そこで気になるのはやはり費用や価格ではないでしょうか。単純に物を購入することとは違って、外壁塗装の費用や価格相場を理解するためにはある程度専門的な知識が必要となります。そのため「むずかしいからよくわからない」と思ってしまう人も多く、漠然とした不安を感じてしまうことがあるのだと思います。

よくわからない」からこそ、実際に外壁塗装が必要になった時に見積もりを出してもらってもそれが相場に合っているのか、適正な価格なのかが判断出来ないのです。

外壁塗装の費用・価格相場については、インターネット上でもたくさんの情報が出回っているので調べることが出来ますし、住んでいる地域の相場についても塗装業者が情報を公開していることがあるので調べてみるといいでしょう。神奈川県での外壁塗装の相場は、下の項目で紹介していますのでぜひチェックしてください。

外壁塗装を検討している時は、焦って決めてしまわないようにある程度余裕を持った時期から費用の見積もりを出すようにすることをおすすめします。その上で神奈川県や川崎市の相場と比較して出された金額が適正であるかということを見極めたり、疑問を持った部分について塗装業者に尋ねたりしてしっかりと不安を解消した上で工事の依頼をするようにしましょう。

神奈川県の外壁塗装費用・価格相場データ

外壁塗装の費用の相場は、全国的にそれぞれの地域で異なるものではなく、どちらかというと使用する塗料の種類や建物自体のサイズや状態の方が大きく影響するものです。

外壁塗装の全国平均価格は140㎡で約1,250,000円というデータがあり、その最安値は632,448円、最高値は2,544,874円とされています。

神奈川県で行うほぼ同面積の外壁塗装費用は平均で約1,100,000円。最安値は670,000円で最高値は2,036,988円となっています。全国平均とは10万円程の差がありますが、これは地域差というよりもそれぞれの住宅の状態や工事内容の差があらわれているものだと考えられます。

外壁塗装の価格相場はどうやって出すの?

外壁塗装を行う建物のサイズ

川崎市で外壁塗装を行う際、費用がどの程度かかるか計算するためにはやはり建物の高さ・大きさが関係してきます。外壁に使用する塗料の量に影響するだけでなく、塗装工事を行う際に必要な足場や養生のためのシートの量も変わってくるため建物のサイズも重要なポイントです。

川崎市でも外壁塗装の訪問セールスなどで「今なら近所で工事をしているので足場代が無料になる」などという文句で契約を急がせることなどがありますが、基本的に足場代が無料になるということはありえないと考えた方がいいと思います。

足場というのは塗装業者が所有しているのではなく、専門の業者からのリースということが多いため、リース期間が延びればもちろん塗装業者が支払うリース料金が増えると思いますし、
例え近くで足場を使っていたとしてもまた組み直して解体するということを考えれば、それだけの人件費もかかります。

足場料金は一般的な戸建て住宅の場合でも15~20万円程度はかかるものです。外壁塗装工事にかかる費用の中でも4分の1程度を占めている重要な部分のため、元々相場に合った価格で見積もりを出している塗装業者であれば足場代を無料にするということはむずかしいことだと思います。そのため、足場を無料にすると言っても他の部分に上乗せされていたりすることがあるので注意しましょう。

外壁塗装に使用する塗料量と種類

外壁塗装費用を大きく左右するのは、使用する塗料の種類だと思います。塗料の種類によって耐用年数が2~3倍になることもある程その性能には差があるため、費用と機能のコストパフォーマンスをしっかりと検討して、どの塗料にするか決めるようにしましょう。

最もリーズナブルで川崎市でも建売住宅の新築時などに使用されることが多いのがアクリル系塗料。アクリル系塗料は1㎡当たりの単価が1,000円~1,500円と比較的安価ですが耐用年数は5~7年程度と短めです。そのため外壁塗装時期の目安とされる10年までもたないこともあるので注意しましょう。

外壁塗装や外壁リフォーム時に最も多く選ばれているのがウレタン系塗料やシリコン系塗料。ウレタン系塗料は1,500円~2,000円、シリコン系塗料は2,500円~3,500円と単価は上がりますがその分耐用年数は10~15年程度になり、コストパフォーマンスが高いということで選ばれています。

外壁塗装にどのような塗料を使用すべきかは、予算などを考えて依頼主が好きなものを選べばいいのですが、その地域の気候や環境を考えて最適な塗料を選ぶことも大切です。川崎市であれば海に面している地域や非常に大きな工場地帯もあるので、それらが近い場所であれば外壁が汚れにくい機能を持つ塗料や塩害などを受けにくい塗料を検討してもいいと思います。

建物の築年数や外壁の状態

外壁塗装を行う時には、外壁の状態によって下地処理や外壁補修工事が必要になります。多少のひび割れなどはよくあることなのでパテ等で埋めて塗装を行えますが、長年放置した築年数の古い建物の場合は外壁内部まで雨水が浸水していたり、外壁材が腐っていたりすることもあるのでそのまま塗装を行うわけにはいきません。

建物の築年数だけでなく、日頃の手入れ状況などによって外壁の状態は異なるので、まずは塗装業者などに実地調査をして外壁の状態を確認してもらった上で見積もりを出してもらうようにしましょう。

川崎市で外壁塗装費用を相場より安く出来る?

川崎市で外壁塗装を検討している場合は、まず全国または川崎市での外壁塗装費用の相場を知ることが大切です。いくら塗装業者に「今はとてもお得な時期です!」「他ではできない価格です」などと言われても、相場を知らないことにはそれが本当にお得なのかどうか判断することも出来ません。

外壁塗装費用をより安くしたいと考えていても、見積金額が相場に近い金額であれば大きな値引きは出来ないかもしれません。そこで強引な値引き交渉を行うことで、塗料の質を下げることになってしまったり、塗装回数を減らすことになったりして結果的に長持ちしない外壁塗装工事になってしまうなどということにもなりかねません。

また、あまり強引な値引き交渉は元々適正価格で見積もりを出している良心的な業者にとってはあまり気持ちのいいものではないでしょう。もちろん、金額について納得のいかない部分についてはきちんと質問をして、費用の必然性を理解した上で後悔のない外壁塗装工事が出来るようにしましょう。

川崎市の外壁塗装の価格相場に関するまとめ

ここでは川崎市で行う外壁塗装工事の価格相場や見積もりの出し方などについてまとめました。ここで書かれているような、外壁塗装の費用の内訳などを少しでも知っておくだけで、実際の見積もりを見た時にも何も知らない状態とは見方が全く違ってくると思います。

安心して納得のいく外壁塗装を行うためには、まずは川崎市での費用相場や適正価格を知り、外壁塗装に関する基本的な知識を理解しておくことが大切です。

自分や家族にとって大事な財産である家を守るためにも「よくわからないから」と理解することをあきらめてしまうことなく、少しずつでも情報や知識を身につけられると安心ですね!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です