外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

マンションの外壁塗装の価格はいくらくらいなのか?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

マンションを管理している場合の外壁塗装の価格はいくらくらいなのでしょうか?
どこでも同じくらいの値段なのか、実際に料金を請求された場合はどうしたらいいのかなどを調べてみました。

マンションの外壁塗装の必要性

マンションのオーナーや、管理している人にとって維持費は大変なものです。

多くの場合は家賃の中組み込んで積み立て、必要な時に使うようになっています。

一般的な一軒家と違って、マンションの場合は外壁がビルのようになっていたり、レンガのようになっていたり様々なパターンがあります。

木造建築と違って鉄筋コンクリートの場合も、外壁塗装の料金が違います。

いろいろ素材は違うのですが、マンションの場合も一軒家の場合も同じように10年が目安となって外壁塗装をやり直します。

塗装以外にもリフォームをしたり、メンテナンスもしないといけません。

マンションの場合は見た目の美しさも重要

マンションは賃貸で貸している事が多いです。

この場合は入居者が途切れずに入ってくれるように、常に見た目の美しさを保つのもオーナーの仕事です。

外壁塗装は見た目の美しさで、入居者に対しての安心感を与えてくれます。

このマンションに入ろうかどうしようかと悩んでいる人に対して、美しい見た目の建物はとても魅力的に見えます。

一軒家と違ってひび割れや、補修工事と別にいつまでも建物が美しく入居者が途切れないような見た目に保つ効果があります。

最近は口コミサイトなども多いので、外壁を美しくしておくと周辺の人からの評判もいいです。

災害の時に外壁が落ちないようにすることも大切

最近では台風や竜巻などの自然災害が頻繁におこるようになりました。

マンションの外壁が落ちて、下の人にあたったとか、外壁が落ちて止まっていた車にあたったなどの事故もよくあります。

このようなトラブルを防ぐためにも、10年に一度は外壁すべてをチェックしつつ修繕して見た目を美しくするといいです。

外壁リフォームしなければならない事もありますし、思わぬところにヒビが入っていることもあります。

入居者からの要望で外壁リフォームを早めてしまうこともあります。

マンションの外壁に看板や、装飾などをしている場合は、その部分のメンテナンスも忘れないようにしましょう。

基本的なマンションの外壁塗装の価格

マンションの塗装費用は一軒家よりも高い

一般的なマンションの外壁塗装は、何階建てか?一階に何部屋あるかによって決まります。

けれども驚くことに、一般的一軒家とあまり価格が変わらない場合もあります。

変わらない理由の一つは、マンションが単純な四角い箱の形をしているからです。

一軒家は複雑な形をしていたり、屋根の形が特殊な家もあります。

マンションの場合は特別なものでない限り、長方形などの四角い形なので作業がしやすく足場も組みやすいです。

作業はとても効率化できるので、一般的な一軒家とほぼ変わらないくらいの料金で外壁塗装をすることもできます。

もちろん高層マンションや、特殊な形をしている場合はそれ相応の費用が必要になります。

具体的なマンションの塗装の価格

外壁塗装業者に塗装を依頼する場合、一般的な3階建てのマンションなら外壁塗装費用は300万円~400万円くらいになるでしょう。

この中には足場の費用や、防音用のシートの費用なども含まれています。

これが4階建てになると100万円ずつ上がるくらいと思うと分かりやすいです。

少し高いと感じるかもしれませんが、地方によって少しずつ料金の動きがあります。

足場の費用は必ずかかってくるもので、足場の料金だけはあまり安くすることが出来ません。

足場はどこのマンションでも必ずと言っていいほど組み立てているものですが、全体的な使用の中の40%を占めてしまう事もあります。

安全にきちんと作業をするためのものですが、かなりの費用がかかります。

マンションの外壁塗装の料金を抑えるには

見積もりが料金を抑えるポイント

マンション,価格,外壁塗装マンションの外壁塗装の料金を抑えるには、見積もりをしっかりするのがポイントです。

マンションの外壁塗装は期間が長くなり、膨大な病気になることもあるので外壁塗装業者を探すのは重大なポイントです。

見積もりは少なくても3つ以上の会社に出してもらいましょう

できることなら10社以上の見積もりが欲しいです。

例えば前回と同じ外壁塗装業者に頼む場合も、その会社と同時にいくつか別のところにも見積もりを依頼しましょう。

もしかしたらいいところが見つかるかもしれませんし、料金を抑えられる可能性があります。

商売の関係で毎回同じ業者に頼まないといけない人もいます。

人づきあいも大切ですが、見積もりはやるだけただなので節約するためにも必ず見積もりを取りましょう。

見積もりを取る時間がなければ、ネットでの見積もりをすることもできます。

気に入った見積もりがあれば、実際に来てもらって具体的な料金を出してもらうこともできます。

実際に工事費用を見積もりで出してもらってからでも「やっぱり気に入らないから」と断ることもできます。

見積もりを取ることのメリット

見積もりを出してもらうと実際の工事期間や、具体的に何に料金が多くかかっているのかが分かりやすく出てきます。

前回の塗装費用と比べて納得できるものなのか?

必要以上に高くなっていないか?

使っている塗装材に不安があるなど、見積もりだけで様々なことがわかります。

出してもらった見積もりで気に入らなければ実際に話し合ってもいいですし、すべて断って新しい業者に見積もりを依頼するのもいいです。

例えば来年塗装工事をしようと思ったら、その1年くらい前からいろいろ考えて見積もりをしてもらうのもいいです。

時間がない場合も、ネットで見積もりをしてもらったり大急ぎで見積もりに来てもらうといいです。

マンションなどの大きな見積もりは、大口の契約になるので見積もりする業者も喜んで見に来てくれます。

見積もりを受け取ってからすること

見積もりもしてもらったら、どの業者にするかを決めます。

業者を決めるポイントは料金工事の丁寧さ外壁塗装業者の地域での評価などを参考に決めます。

多くの人が決めるポイントは料金の安さです。

マンションの外壁塗装の場合は、どうしても追加料金がかかってしまうので最初から料金が安いところが魅力的です。

手抜き工事をされると迷惑なんですが見積もりをもらってからも、業者に対してもう少し安くならないか?

疑問に思う料金の質問などはしっかりとやりましょう。

見積もりの料金とは別に追加料金も発生する

見積もりを受け取ったら、どの会社にするのかを決めるのですが、この際外壁リフォームも一緒にやったり、雨樋の補修工事をやったり、ひび割れの工事も一緒にすることになります。

なぜなら実際に見積もりを受け取った料金よりも、追加料金が発生するからです。

追加料金の理由

  • ①見えないところにひびがあるので補修工事が必要だと言われる。
  • ②塗装が塗れないくらいに外壁が傷んでいる場合。
  • ③台風などの影響で外壁に何かが突き刺さっている。

このような理由で、必ずと言っていいほど追加料金がかかってきます。

これはしょうがないもので、実際に足場を組んできちんと外壁を洗浄しないとこのような傷があるかどうかはわかりません。

近年は特に台風などの被害が大きいので、全く見えないところに大きなヒビが入っていることもよくあるようです。

見積もりをもらったら、その料金プラス100万円位はかかるかもしれないと思った方がいいでしょう。

あまりにも高い料金が発生した場合は、素直に払うのもどうかと思います。

事前に追加料金が発生する場合はその都度報告してもらうようにしましょう。

実はマンションでの塗装工事は、追加料金を払う払わないでもめることが一番大きいのです。

オーナーとしては最初の見積もりでの料金しか払わないつもりでいることもあるので、話し合いの時に追加料金についてもしっかり説明を受けるとトラブルがありません。

追加料金が発生する場合は、その理由やその現場の写真なども求めるといいでしょう。

塗装費用は塗料によって違う

マンションの塗装費用は高額になるので、実際に使用する塗装材の種類もしておくといいです。

塗装材は一番安いものがアクリルやウレタン系の塗装材が安くて、一番安い見積もりを出してくる業者がよく使います。

けれどもアクリルは一番耐久性が低くて、わずかに3、4年くらいしか塗装を美しく保つことができません。

これだけ短いのなら、最初からやらない方がいいのではないかというくらいのランクの低さなので、あまりアクリル系はお勧めしません。

おすすめなのはシリコンが配合された塗装剤がお勧めです。

シリコン系なら10年以上は耐久してくれるのでお勧めです。

もっと価格の高いものなら、断熱塗料もあります。

その名前のとおり断熱効果があるので、高層マンションやとくに日差しが強いマンションなどにお勧めです。

このような特別に高い塗装材を使用した場合は、マンションを宣伝するときに使うといいです。

近年はとても暑い夏の日が多いけれど、断熱塗料を使っているから快適ですよ~と宣伝するのも効果があるでしょう。

値段は高いけれど、それなりに耐久性がありますしお客様を呼び寄せる宣伝効果もあります。

外壁塗装は足場を無くす事で安くできる

マンション,価格,外壁塗装
外壁塗装をする場合、一番費用を圧迫しているのは足場の料金かもしれません。

足場は小さなマンションでも50~80万円くらいの足場代金がかかってしまいます。

最近では足場を使わずに窓の掃除をする人が使うような、命綱のような紐を使って塗装する業者もあります。

これはかなりのコストカットになるのですが、この塗装方法をしている業者が少ないです。

けれども人気が出ている方法なので、見積もりを出してもらう時に一緒に聞いてみましょう。

ネットでの見積もりの場合は、要望のところにこの方法を書いておくといいです。

足場がない塗装のデメリット

マンションなどの外壁塗装は足場を組み立てるのが一般的なんですが、紐で吊った状態でやるところもあります。

この場合は、かなり費用を抑えられますがデメリットもあります。

デメリットは、洗浄がキレイに行えないことです。

外壁塗装する前には必ず、今までの溜まった汚れを高圧洗浄機できれいに掃除をします。

もちろん足場がなくても高圧洗浄機で掃除ができますが、足場がある作業と足場がない作業では作業の丁寧良さに大きな違いが生まれます。

業者の人はそこまで違いがないと言い張るでしょう。

けれども実際には足場が内部細かい作業ができないので、ひび割れを見過ごしてしまったりすることもあるようです。

とは言っても一番の大きな使用である足場材をカットできるので、この方法はとても魅力的だと言えます。

どちらがいいとは言いませんが、いろいろと考えながら業者を選ぶといいでしょう。

一般的なマンションは補助金を受け取ることができるのか?

一軒家の場合は外壁塗装する場合、自治体によっては補助金を受け取れる制度があります。

マンションの場合は外壁リフォームや、外壁塗装の場合は対象外となっていることがほとんどです。

マンションの場合補助金が出るのは太陽光を取り付けるとき、バリアフリーの工事をするとき、エコの工事をするときなどに限られていることが多いです。

今のところ自治体でマンションのオーナーに対して外壁塗装の補助金を出しているところは、ほとんどありません。

例外として震災があった場所などは、補助金が受け取れる特別措置を設けているところもあります。

マンションの外壁塗装の価格を抑えるポイント

マンションの外壁塗装の価格を抑えるには、一軒家の時と同じでとにかくたくさん見積もりを出してもらうことです。

見積もりによっては、安いところと高いところで200万円くらいの差額が出ることがあります。

その差額は塗装の種類であったり、足場の種類であったり様々です。

様々な見積もりを出してもらうと、会社によってどんなところに料金をかけているかがよくわかります。

入居者の要望と、見積もりに出してある料金が一致しているところを選ぶといいでしょう。

あまりにも安い金額の会社を選ぶと、手抜き工事をされる恐れもあるので注意が必要です。

見積もりで気に入った業者を見つけたら、ネットでの口コミなども一緒に見てみるといいです。

いろいろな見積もりを見てから、一番気に入るところに決めましょう。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です