外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

外壁塗装の『耐用年数30年』は本当?長持ちさせるためには?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

外壁塗装や外壁リフォームを考えている人はその耐用年数が気になると思います。耐用年数が長いほど次に外壁塗装や外壁リフォームが必要になる時期が遅れるので、出来るだけ耐用年数の長いものを選びたいと考える人も多いのではないでしょうか?
ここでは外壁塗装に使用する塗料の耐用年数や、少しでも長持ちさせるためのポイントなどについて紹介しています。

外壁塗装の耐用年数について

外壁塗装の『耐用年数30年』は本当?

30年,外壁塗装,耐用年数外壁塗装や外壁リフォームについて考えて始めた人や外壁塗装のセールスを受けたことのある人は「30年もつ外壁塗装」について聞いたことがあるかもしれません。

確かに30年もつ塗料があれば外壁塗装や外壁リフォームの回数が減り、とても助かりますが本当にそんなに長い期間もつ塗料があるのでしょうか?

結論から言うと、現段階では耐用年数が30年という外壁塗装用の塗料はありません。大手企業が開発している最高グレードの塗料でもその耐用年数は20年とされており、塗料の耐用年数をしっかりと償却するためには非常に丁寧な作業工程と外壁にとって負担の少ない住宅環境である必要があるとされています。

そのため、今の時点で耐用年数が30年と謳ってる外壁塗装業者やそれらのセールスはあまり信用しない方がいいと思います。「30年もつ塗料は自社オリジナルの塗料で一般的には出回っていない」などという説明をする業者もいますが、そのようなことは決してありません。もし今の塗装業界で耐用年数30年という高機能な塗料が開発されれば、業界全体に広くリリースされるはずです。

塗料別の耐用年数の目安

外壁塗装に使用する塗料は各塗料メーカーが出している塗料それぞれで異なりますが、その種類によっておおまかな耐用年数が決まっています。

  • アクリル系塗料…5~8年
  • ウレタン系塗料…8~10年
  • シリコン系塗料…10~15年
  • 光触媒塗料…10~15年
  • ピュアアクリル塗料…10~15年
  • フッ素系塗料…15~20年
  • 遮熱系塗料…15~20年

より詳しい耐用年数が知りたい場合は、塗料メーカーのホームページをチェックしたり、塗装業者に確認して資料などを見せてもらうといいでしょう。

現在一般住宅の外壁塗装として主流になっているのがシリコン塗料。フッ素塗料は耐用年数が長く、仕上がりもきれいなため注目が集まっていますがコストがかかるため、主流とはなりきれていないのが現状です。このように塗料の中でも最高グレードとされるフッ素系塗料でも耐用年数30年には到底届きません。日本の大手塗料メーカーでさえ、現状では開発出来ていない耐用年数30年の塗料がそう簡単につくれるとはやはり考えにくいでしょう。

外壁塗装の耐用年数は条件により異なる

外壁塗装に使用される塗料の耐用年数について上記しましたが、この耐用年数はあくまで目安であり、それぞれの住宅の立地や環境塗装工程などによって外壁リフォームが必要となる時期は異なるものです。

耐用年数は塗料の種類やグレードだけでなく、使用されている外壁材(サイディング・モルタル・ALCなど)との相性、外壁リフォーム時の作業工程(高圧洗浄や下地調整、塗り回数など)、日当たりや湿度などの気候条件によって大きく左右されてしまいます。

自分の家にどのような塗料を使用することが最適なのかということについては、実際に塗装業者などに下見をしてもらいおすすめを聞くようにするといいと思います。

外壁塗装の耐用年数を長くするためには?

30年,外壁塗装,耐用年数外壁塗装に使用する塗料の耐用年数をその上限までもたせる、また少しでも次の外壁リフォームの時期を遅らせるためには、知っておくべきポイントがあります。

まず外壁塗装や外壁リフォームの工事の時点で塗装の下地処理をしっかりと行うことが大切です。外壁についている汚れやかび、古い塗料などをきれいに落としたり、塗料が付着しやすいように目荒らしをしたり、ひび割の補修をしたりすることで塗料の定着をよくし、長持ちさせます。

また、下塗りを怠ったり塗りの回数を減らすとコストは削減出来ますが耐用年数が落ちてしまい早い時期に次の外壁リフォームが必要になってしまうので注意が必要です。塗装は必ず3回塗りするようにしましょう

塗装業者による外壁リフォーム時以外にも、日頃から建物周辺の植え込みや物などをきちんと管理して風通しをよくし、湿気がこもらないようにすることも大切です。かびやコケが付着している場合は届く範囲でかまわないので水洗いしておくといいでしょう。

外壁塗装の耐用年数に関するまとめ

日本の大手塗料メーカーで販売している塗料の耐用年数は最長でも20年。中には塗装業者、リフォーム会社などが「自社の塗料は30年もつ」などと売り込みをしていることもありますが、これは現段階の塗装業界ではほとんどありえないことなので注意しましょう。

外壁塗装や外壁リフォーム時に気になる耐用年数ですが、これは塗料のグレードや作業工程、住宅周辺の環境・管理状態によって大きく左右されます。少しでも外壁塗装を長持ちさせたいと考える場合は、工事段階でかかるコストのことだけを考えず長い目で見て、そして日頃からしっかりと管理をすることが大切です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です