外壁塗装・リフォームの相場・費用・見積もりの比較をはじめ、助成金・補助金や耐用年数・時期など外壁塗装・リフォームについての情報を徹底解説しています。地域別のおすすめ業者などもご紹介。

外壁塗装に最適なタイミングとは?塗装時期の見分け方&見極め方

 
外壁塗装に最適な時期の見分け方&見極め方
この記事を書いている人 - WRITER -

戸建て住宅やアパートなどの集合住宅には外壁塗装・外壁リフォームがつきもので定期的なメンテナンスが必要です。外壁塗装・外壁リフォームは高額な費用がかかる工事なので、最適なタイミングで満足のいくものにしたいですよね。

外壁塗装に適した時期の目安や、メンテナンスが必要な状態かを見極める見分け方などを知ることは大事な自宅を守るためにもとても大切なことです。

外壁塗装時期の見分け方・見極め方について

<塗料別>外壁塗装時期の目安と耐用年数

一般的に外壁塗装は10年前後が塗り替え時期の目安だと言われていますが、実際には外壁材や使用されている塗料、立地環境などによって大きな差が出ます。

ひとつの家でも方角などによって日当たりや湿度の違いがあると思いますが、それらの条件は外壁にも大きな影響を与えて塗装時期にも変化をもたらします。

建物の外壁材として近年多く使用されているのがサイディングボードですが、サイディングボードの外壁塗装時期の目安は約10年とされています。今増えてきているALCパネルもほぼ同時期の塗り替えが必要とされ、20年ほど前まで最も広く選ばれていたモルタル下地の吹付塗装の外壁の場合はひび割れ(クラック)などが起こりやすいため、塗り替え時期もややサイクルが短くなり6~10年程度だと考えられています。

これらの時期をあくまで参考にして、ひび割れ(クラック)や剥がれなどの劣化や補修が必要と思われる部分がないかをチェックして外壁塗装時期を見極めることが必要になってきます。

各塗料の耐用年数・塗り替え目安

外壁塗装に最適な時期の見分け方&見極め方
外壁材によって外壁塗装時期の見極めができる、塗り替え時期の目安として考えることができるとしましたが、見分け方のポイントとしてそれ以上に重要なのが使用している塗料の種類です。

現在住宅の外壁塗装に使用されている塗料は大きく分けて7種類あります。アクリル・ウレタン・シリコン・ラジカル・フッ素・無機・遮熱という系統に分かれるとされており、その中でも細分化されたり複合タイプがあったりと多岐にわたります。

今最も広く使用されているのがシリコン系塗料で、シリコン系塗料の耐用年数が10年前後であることからも外壁塗装時期の目安や見極めのポイントが約10年と言われているのです。

各塗料の耐用年数は以下の通りです。

アクリル系塗料…目安:3~5年
ウレタン系塗料…目安:5~7年
シリコン系塗料…目安:7~12年
ラジカル系塗料…目安:7~13年
フッ素系塗料…目安:10~15年
無機系塗料…目安:15~20年
遮熱系塗料…目安:15~20年

これらの塗料は種類ごとにさまざまな機能・特徴があり、耐用年数が長いものほど費用が高くなる傾向もあるのでそれぞれの建物や立地環境、費用面などから最適な種類を見極めて選ぶといいでしょう。

外壁塗装に最適の時期・季節とは?

外壁塗装のおすすめ時期・季節は“春”“秋”

外壁塗装に最適な時期の見分け方&見極め方
外壁塗装に最適な時期・季節は、一般的に3~5月の春頃と9~11月の秋頃と言われています。これらの時期が外壁塗装に向いていると考えられるのは気候が安定しており、雨や雪などによる影響を受けにくいと考えられているためです。

とは言え、外壁塗装に“適した”季節と外壁塗装が“必要な”時期が必ずしも噛み合うとも限りません。外壁塗装の劣化状態によっては適した季節を待たず早急な対応が必要なこともあるでしょう。

また、住宅の環境や各家庭の事情によって適した時期・季節というのも変わってくるものだと思うので季節にはあまりこだわりすぎなくてもいいと思いますが、どのような季節・条件が外壁塗装に適していて、どのような季節・条件は適していないかを知ることはとても大切です。

外壁塗装に適さない時期・季節はある?

外壁塗装に最適な時期の見分け方&見極め方
外壁塗装に適している時期・季節は春と秋だとしましたが、それは外壁塗装に適さない条件が起こりにくい時期・季節だからです。

外壁塗装に適さない条件として考えられているのが「気温が5度以下」「湿度が85%以上」「雨や雪」「台風」などです。気温が低すぎたり、湿度が高すぎるときなどはせっかく塗った塗料を十分に乾かすことができず、耐久性が低下してしまうことがあるのです。

また、台風の時期は足場が倒れたり養生シートが飛ばされてしまうなどのトラブルが起きたり、乾かしている最中の外壁塗装に余計なほこりやゴミが付着してしまうことなどが考えられます。

もちろんそれらの条件下でも塗ること自体はできますが、相応の対応をしなければ外壁塗装の劣化を早めることにもなってしまうので注意が必要です。

繁忙期を避け外壁塗装業者の都合に合わせる

春と秋が外壁塗装に適した時期ということで、それらの時期は外壁塗装業者の繁忙期でもあります。繁忙期にはつい忙しさから不備が出たり、依頼主からの要望が通らないということも少なくありません。

そのためじっくり丁寧な対応を求める場合にはあえて繁忙期を避けて、外壁塗装業者の都合に合わせてスケジュールを組むというのもひとつのポイントです。

丁寧に仕事をする優良な会社であれば、一般的には外壁塗装には適さないとされる寒さの厳しい季節や雨の可能性が高い梅雨などでも適切な対応・対策でしっかりと外壁塗装工事を行ってくれるでしょう。

寒さは別として、雨というのはどんな季節にも起こりうるものです。そのため、そうしたときの対応や対策がしっかりと行われている外壁塗装業者を選ぶようにすることもとても大切だと思います。

外壁塗装時期の見極め方・見分け方

チョーキングの発生は耐久性低下の証拠

外壁塗装に最適な時期の見分け方&見極め方
外壁塗装が必要な時期であるかの見分け方・見極め方法として最も重視されているのが「チョーキング」という現象です。チョーキングは外壁の耐久性が低下したときに起こる現象で、外壁を手で触ったり布で擦ったりしたときに粉末状になった塗料がついてきます。

チョーキングが起きていると塗料の劣化がかなり激しいと考えられ、外壁塗装の防水効果などがなくなっており外壁内部への雨水の侵入などが見られるようになり、建材の腐食やシロアリによる被害などが起こることも。

チョーキングが見られたらすぐに外壁塗装を行った方がいい見極め・見分け方として覚えておいてください。

ひび割れ・膨れがある場合は検討する

外壁塗装時期の見極め・見分け方のひとつにひび割れや膨れがあります。外壁塗装は年数が経過すると少しずつ表面の膜が薄くなっていき、「ヘアークラック」と呼ばれるような細いひび割れが出るようになってきます。また、外壁材が熱を持った場合などに内側の水分が蒸発して塗料が持ち上げられて膨らみができることがあります。

ヘアークラック程度のひび割れや膨れであればすぐに大きなトラブルになるということはありませんが、そろそろ塗り替えを検討する時期の目安となります。

ひび割れや膨れをそのままにしてしまうとどんどんひび割れが広がったり膨れから大きな剥がれにつながってしまうことがあるので、外壁塗装時期の見極め・見分け方として大切なポイントです。

ちなみに外壁塗装の膨れは経過年数に関わらず、施工不良などによっても起こるものなので塗装時期の見分け方としてだけでなく、外壁塗装工事完了後の見極め方法としても知っておくといいと思います。

剥がれが見られたら早めの対処が必要

外壁塗装に最適な時期の見分け方&見極め方
塗料の耐用年数が過ぎた場合や外壁に何かがぶつかった場合などには塗装の剥がれやめくれなどが見られることもあります。剥がれやめくれがある場合はすぐに外壁塗装を行う時期だと考えた方がいいでしょう。

剥がれやめくれがあるとその部分から雨水が浸入したりして建物自体を傷めてしまう可能性もあるので、塗装の見極め・見分け方として覚えておくべき。

外壁塗装工事から間もない時期に剥がれやめくれがあった場合は、塗装業者に連絡をしてどのような対処が必要か見極めてもらうようにしてください。

藻・コケ・カビの繁殖は外壁塗装の劣化原因

日当たりが悪い場所や湿度が高い場所、凸凹の多い外壁の場合などは藻やコケがついたり、カビが繁殖することがあります。藻やコケ・カビがあること自体は外壁塗装時期の見分け方として当てはまるわけではありませんが、劣化を進める原因になることがあるので洗い流した方がいいでしょう。

また、藻やコケ・カビが繁殖しているということは塗料の防水性が低下しているということの見極め・見分け方にもなるので、それらが見られたら一度外壁塗装業者に塗料の状態を確認してもらうのもおすすめです。

シーリングのひび割れや剥がれにも注意

ボードやパネルタイプの外壁材の場合、つなぎ目=目地部分にはシーリングが注入されています。シーリングは弾性があるものですが、耐久性の低いものでは早い時期にひび割れたり剥がれが見られることがあります。

外壁塗装の塗料だけでなく、シーリングの劣化や状態も塗装時期の見極め・見分け方として重要なポイントとなっています。シーリングが劣化していると外壁材の隙間から雨水が浸入して内部の腐食を招く原因にもなりますので、外壁塗装またはシーリングの打ち直しを行うようにしましょう。

外壁塗装時期の見分け方・見極め方まとめ

外壁塗装に最適な時期の見分け方&見極め方
外壁塗装・外壁リフォーム時期の見分け方や見極め方はここで紹介した通りですが、すべての住宅にこれが当てはまるというわけではありません。

ここで紹介した塗装時期の目安や塗り替えが必要な外壁の見分け方・見極め方を参考にしながら、外壁塗装業者に相談をして実際に家を見てもらうことがとても重要です。外壁塗装時期に関する予備知識を持って相談することで、より納得し安心して工事を任せることができるようにもなりますので、ぜひ頭に入れておいてくださいね。

この記事を書いている人 - WRITER -